FC2ブログ

白血病治療にきのこが使われる未来がくる?!

author photo

Bycure32

Leukemia: Mushroom protein could be used in future treatments


白血病治療にきのこが使われる未来がくる?!(寄稿2017年8月14日)

A protein found in the edible mushroom known as "" might be able to kill a type of leukemia cell, new research suggests.

ササクレヒトヨタケとして知られる食用キノコから見つかったプロテインが白血病細胞を殺すことができるかもしれない、ことが最新の研究で明らかになった。

Coprinus comatus, also known as "shaggy ink cap" or "lawyer's wig," is a type of edible mushroom normally found in North America and Europe. Its habitat is usually  meadows and grasslands, but it can also sometimes be found along gravel roads or on lawns  in towns and cities.

様々な名前で知られているササクレヒトヨタケは食用キノコに分類され基本的に北アメリカやヨーロッパで見つかる。群生地は通常牧草地や草原であるが、時々砂利道や街の芝生でも見つけられる。

It takes its common names from its white, shaggy appearance when mature, but also  from the fact that it starts "dissolving" into a black, inky mass once it starts to decay, or soon after being picked.

名前の由来はそれ自体が白く、成長とともにもじゃもじゃとした見た目になっていくため、他には、腐敗し始めるか採取されると黒に溶けていくことから、その一般名がつけれられた。

This type of mushroom is already known for its nutritional value, as well as for its antioxidant and antimicrobial potential. Some studies have also variously linked Coprinus comatus elements with potential for HIV, prostate cancer, and ovarian cancer treatments.

このきのこの種類は抗酸化作用や抗菌のポテンシャルと同様に栄養価のあるものと既に知られている。いくつかの研究では、ササクレヒトヨタケはHIVや前立腺がん、卵巣がん治療にも多様に関係があるという。

Researchers from the University of Florida in Gainesville have now uncovered a new potential for a Coprinus comatus protein: killing a type of leukemia T cell.

Gainesvilleにあるフロリダ大学の研究者らは白血病T細胞を破壊しうるヒトヨタケのたんぱく質を発見した。

Dr. Yousong Ding, an assistant professor at the University of Florida, and his team looked at how Y3, a protein present in Coprinus comatus, binds with the LDNF glycan, which is a sugar molecule usually found in parasites. This activates a cell-signaling cascade that can program a type of leukemia T cell to commit suicide, the researchers explain.

フロリダ大学助教授Yousong Ding博士とそのチームは、ササクレヒトヨタケのY3というたんぱく質が主に寄生虫から発見される糖分子Glycanとどのように結合するのかを観察した。

これは白血病T細胞の種類が自滅するようにプログラムできる細胞を活性化させる、と研究者らは説明した。

Their findings have recently been published in Proceedings of the National Academy of Sciences.

米国科学アカデミー紀要に彼らの発見が載せられている。

Glycan binding protein programs cell suicide 細胞に自殺を促すGlycan

Dr. Ding and his colleagues noted that the protein Y3 from Coprinus comatus has significant glycan binding properties. This is important because the interactions of glycan binding proteins (GBPs) can provide a better understanding of how systems respond to pathogens and can facilitate the creation of new therapeutic pathways.

Ding博士と同僚たちは例のキノコから採れるY3たんぱく質は特筆すべきglycan結合特性を持っていることに着目した。システムがどのように病原体に反応し、治療経路創造のアシストをしてくれるのかをGBPsによってより理解できるようになるため、これはとても重要なことである。

In the course of this study, the scientists tested the interaction between Y3 and LDNF using model leukemia cells. They found that the enzymes triggered by this interaction were able to cause the death of over 90 percent of the leukemia T cells.

実際に、科学者らはY3とLDNFの反応を白血病細胞を用いて検査した。発見したことは、反応によって発生する酵素がT細胞の9割を死滅させることができるという結果だ。

In the researchers' view, this result suggests that the action of the Y3 GBP on this type of leukemia cell can be productive and very efficient.

研究者らの知見は、この結果がほのめかすこと、それはこの白血病細胞の種類にはY3GBPが非常に生産的かつ効率的だという事。

They suggest that this may have meaningful implications for T cell acute lymphoblastic leukemia treatment. This type of blood cancer is particularly aggressive, and it is responsible for up to 25 percent of acute lymphoblastic leukemias.

これが急性リンパ芽球性白血病治療に有益な意味を持っていると、彼らは示した。このタイプの血液ガは特に攻撃的で、急性リンパ芽球性白血病の最大25%を占めている。

According to the National Cancer Institute, the estimated number of adult deaths owed to acute lymphoblastic leukemia in 2017, in the United States, will be 1,440.

国立がん研究センターによると、2017年アメリカでの急性リンパ芽球性白血病による成人の死亡数は1440人と予想されている。

Potential pathways for new treatments 新治療への可能性

Dr. Ding suggests that the study has offered the scientists a new way of determining the functions of proteins present in Coprinus comatus mushrooms, and of studying their action on unhealthy cells.

Ding博士はこの研究が科学者たちにあのキノコの新たな可能性、そして彼らの研究の可能性を提供する、と言っている。

The next step for the researchers is to examine other potential GBPs in more edible mushrooms, as well as gain a better understanding of Y3 functions in relation to leukemia cells.

研究者の次にステップはさらなる食用キノコにあるGBPの可能性テスト、同様に白血病に関するY3の機能のよりよい理解だ。

Dr. Ding suggests that he and his colleagues might start testing the action of Coprinus comatus Y3 proteins on diseased cells in animal models within a year.

博士は彼とその仲間たちが年内に病気の動物モデルを使ってササクレヒトヨタケY3のテストをするかもしれないと、ほのめかした。

The researchers express their hope that this, and similar studies, could reveal pathways for new, more efficient drugs in the treatment of leukemia and other diseases.

これとこれに似た研究が新たな白血病とその他の病気に効果的な薬を作るための道を明らかにしてくれる、と研究者たちは期待している

"In addition to their dietary value, these proteins can be important to health improvement and disease prevention," concludes Dr. Ding.

食品的価値に加えて、あのキノコのたんぱく質は健康改善や病気予防に重要になりうる、と博士は最後に締めくくった。

 

Edible 食用

shaggy ink cap ササクレヒトヨタケ

antioxidant  抗酸化

Antimicrobial  抗菌の

prostate cancer 前立腺がん

ovarian cancer  卵巣がん

Cascade    滝、カスケード

Pathogens 病原体
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply