IOTAベースの学生プロジェクト、ポルシェ・イノベーションコンテストで2位

author photo

Bycure32

IOTA-Based Student Project Places Second at Porsche Innovation Contest


IOTAベースの学生プロジェクト、ポルシェ・イノベーションコンテストで2位

 

Built using the IOTA Tangle, two students working with NXP Semiconductors earned second place in the inaugural Porsche Innovation Contest on blockchain technology. The project, called FAPSY, beat over one hundred other entries from entrepreneurial teams around the world to claim second place in the automotive company’s first Innovation Contest.

IOTAタングルを使用して構築されたNXPセミコンダクターズに取り組んだ2人の学生がブロックチェーン技術に関するコンテストで2位になった。FAPSYと呼ばれている学生たちのプロジェクトは、自動車企業の最初のイノベーションコンテストにて世界中の起業家チーム100以上を下して2位を勝ち取った。

 

The FAPSY Project FAPSYプロジェクトとは


The team behind the astounding second-place finishing project developed a prototype for a system where vehicles can wirelessly, and autonomously, pay for fueling up. “We wanted our technology to enable Porsche drivers to let their car autonomously pay for refueling and therefore allowing for a faster and more efficient refueling and payment process,” explained Noah Winneberger, a member of the FAPSY team. This means a driver could approach a fueling station, fill up, and be on their way without the interruption of payment processing. Noah told CCN, “The goal of the project was to enable cars of any other vehicle to autonomously pay for refueling. It was vital to create an environment that offered us security while still maintaining an extremely quick validation time.”

第二位という輝かしい栄光をつかんだこのプロジェクトが開発したのは、車がワイヤレスかつ自律的に燃料補給、料金の支払いまですることができるようになるシステムのプロトタイプだ。”私たちが実現したかったのは、ポルシェドライバーに再給油を自動で行えるようにすることで、その行為を素早く、効率化することだった”とチームメンバーのNoah Winneberger氏は説明していた。これが意味するのは、支払い処理の手間なしで給油が可能になるという事。CCNにNoahはこう伝えている。”このプロジェクトのゴールはどんな車両でも自律的に給油料金を支払えるようにすること。非常に速い処理時間を維持しながら、セキュリティの面も安心できる環境を作ることが不可欠だった。”

 

The Right Tools for the Job 仕事のために適切なツール


The FAPSY team had an innovative approach to integrating blockchain with automotive technology, but required a payments network and an authentication network, both which needed to operate at lightning speed. Enter NXP. The company known for its semiconductor and internet of things tech also developed V2X, an authentication network that, when introduced to the project, “allowed FAPSY to combine both technologies and develop their first prototype. FAPSY managed to integrate our state-of-the-art V2X with the most innovative blockchain technology into NXP hardware with great success,” according to Lars Reger, CTO of Automotive at NXP.

FAPSYチームは ブロックチェーン技術と車を統合するための革新的なアプローチを持っていたが、迅速な処理時間を要する支払いネットワークと認証ネットワーク両者が足りなかった。NXP社はNXPセミコンダクターやIoT、V2Xという認証ネットワークでも知られている企業で、プロジェクトの紹介をしたところ、”最初のプロトタイプを開発するためにそれらの技術を組み合わせて使わせてくれる許可をして頂いた。FAPSYはV2Xと最も革新的なブロックチェーン技術をNXPのハードウェアに統合し、大成功を収めた。とNXP自動車CTO、Reger氏は言っている。

With validation handled through V2X, FAPSY turned to IOTA to handle the payments processing. IOTA’s Tangle, with its ability to handle incredibly high transaction volumes and yet to be determined scaling limit, proved to be the best protocol for the job. With the Tangle’s IoT focus, the network was able to support the devices in FAPSY’s prototype, allowing the autonomous payment ecosystem to function.

V2Xの一件の後、FAPSYは支払い処理でIOTAに目を向けた。IOTA Tangleは信じられないほど大量の取引を処理する能力があり、スケーリングが定義されていないことから、このプロジェクトに最適な手段であった。TangleのIoTに焦点を当てると、このネットワークはFAPSYの試作システム上でデバイスをサポートすることが出来、自律的な支払いシステムが可能になる。

 

Truly Smart Vehicles 真にスマートな乗り物


With a working prototype on the books, FAPSY looks to continue to improve the world of autonomous vehicle activities. As advances in machine vision push self-driving cars closer to reality, a technology that allows vehicles to handle other tasks will become increasingly valuable.

尊くされているプロトタイプの運転について、FAPSYは”自動”車アクテビティ―のため改善を続けていくようだ。車の自動運転のイメージがより現実的になったため、車に様々なタスクを任せられるようになるはずだ。

“We are very proud to have supported the team during its first development stages and are eager to find out how far FAPSY’s technology can go. -Lars Reger”

”チームを支援してきたことを誇りに思う。そしてFAPSYのテクノロジーがどこまでやれるのかを見定めていきたい”Lars Reger”

As Noah described, the ultimate goal of FAPSY was to develop a system where any vehicle can automatically, and autonomously, pay for any service by leveraging secure V2X communication and IOTA’s Tangle. Imagine if your car can automatically pay for dinner ordered from a restaurant or a car washing. Thanks to the predominance of vehicles in modern life, this technology promises to be a game changer.

Noah氏が説明した通り、FAPSYの目標はV2XとIOTAのタングルを活用し安全に全ての自動車の自動化、そして自律化することである、もしあなたの車が自動でレストランのオーダーから洗車の支払いまで自動でやってくれたら?現代の生活の車の優位性に感謝、

この技術が世界を変える切り札であることを約束する。




IOTA.PNG

nxp.PNG

 

IOTAというのはブロックチェーン技術を使わない分散型台帳でIoTによく使われている

 

NXPの技術は安全にすることに重点を置いたスマートコントラクトにぴったり
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply