FC2ブログ

アルツハイマーは低セロトニン濃度によって引き起こされる?

author photo

Bycure32

Alzheimer's: Low serotonin levels may drive development


・研究内容
「アルツハイマーをひき起こすのは、気分や睡眠に影響を与えるセロトニンが低濃度になる現象のせいなのか?」

実際、まだ何がアルツハイマーを引き起こすのかよくわかっていなく、
研究者らはこの疾患の神経学的、分子的および遺伝的基礎を解明しようと必死である。


アルツハイマーのカギは神経伝達物質セロトニンである、というのが現在支持されている仮設の1つである。
ここ数年、研究によりアルツハイマー患者は食欲、睡眠欲、性欲などを
制御する脳内物質が減少しているということが明らかになりつつある。


それに加え、セロトニンを調整する、モノアミン作動性ニューロンがほかの神経細胞伝達物質中で損失することが
脳内にアミロイドプラークの過剰な蓄積と関係している事がほかの研究からわかった。
この塊状たんぱく質はアルツハイマーの特長である。


しかしながら、
低セロトニン濃度がアルツハイマー病を引き起こしたり影響を及ぼすのかどうかは知られていない。


ボルチモアのジョンズ・ホプキンス大学医学部の科学者らによる新研究により、
神経伝達物質セロトニンがアルツハイマー病に一役買っていることがわかり、
これが脳内化学物資が単純に副産物だけでなくむしろ病気を引き起こすかもしれないと示唆している。


精神医学及び行動科学教授のGwenn Smith氏は研究第一人者兼責任著者である。
彼女とそのチームの研究がNeurobiology of Diseaseジャーナルに載っている。


Studying serotonin transporters セロトニントランスポーター研究
陽電子放出断層撮影(PET)スキャンを用いてチームは56人の実験参加者の脳内セロトニン濃度を測定した。
参加者は平均66歳で45パーセントが女性だった。


実験についてさらに詳しくのべよう。
研究者らは参加者脳内の再取り込みセロトニン輸送体の働きを観察した。
神経伝達物質輸送体はニューロンの膜から発見されるたんぱく質で、
脳細胞間のシナプスから神経細胞に戻って神経伝達物質を運ぶ役割がある。


研究者は参加者を二つのグループに分けた。
グループ内訳はアルツハイマー病の前兆である軽度認知障害MCIがある者たち、と健康な人達にのグループだ。


Lower SERT levels found in MCI patients MCI患者から低いSERTを発見
放射性炭素を使用することで、研究者らはPETスキャン中のSERTの動向を追うことができた。
スミス氏のチームはMCIを患っている者たちは同年齢の健康な人たちと比べ、
最大38パーセントSERTが少ないことを発見した。


それに加え、MCI患者のSERTレベルはどの健康な人のSERTレベルより低いことが分かった。


さらに、研究者らは
標準化された認知検査の結果をPETスキャンの結果と比較し、比例相関を見つけた。


例えば、MCI患者は同年齢の健常者と比べ、
言語記憶テストの結果が37パーセント、SERTレベルは18パーセント低かった。


臨床機関の知見は、
発見したことがセロトニン濃度現象を止めるか、他の神経伝達物質に変えることで
アルツハイマー病の進行を完全に止めることができると示唆している、ということである。


セロトニンが認知低下の発症早期に現れる化学物質である証拠が増えたので、
脳内のセロトニンを増やす機能が、病気の進行や記憶喪失悪化を食い止めることが出来ると踏んでいる。


一般的に、セロトニンレベルを調整する必要があるような病気を治療するためには、
ニューロンから再吸収される神経伝達物質を止める薬、
SSRI選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれるものを処方する。


しかしながらアルツハイマー病のためのSSRI治療は成功を証明していない。
何故なら、SSEIが作用するためにはSSRIがセロトニン輸送体に結合する必要があるのだが、
アルツハイマー病患者ではそれら輸送体が欠損しているためだ。とスミス教授は指摘している。


したがって、トランスポーターではなく、
セロトニン受容体が治療に役立つ可能性があると彼女は提案している。



Could Alzheimer's disease be caused by low levels of serotonin, the brain chemical known to affect mood and sleep? New research investigates.
It is not yet known what causes Alzheimer's disease, but researchers are hard at work trying to unravel the neurological, molecular, and genetic underpinnings of the disease.

One of the hypotheses put forth so far has been that the neurotransmitter serotonin plays a key role. In recent years, studies have accumulated evidence that people with Alzheimer's disease have less of this brain chemical, which is known to regulate mood, sleep, appetite, and sexual function, among other things.

Additionally, other studies have shown that a loss of the brain's monoaminergic neurons - which are those that modulate serotonin, among other neurotransmitters - is associated with an excessive buildup of amyloid plaque in the brain. This clumpy protein is a hallmark of Alzheimer's disease.

However, it is not known whether or not low serotonin levels are the cause or the effect of Alzheimer's disease.

New research carried out by scientists from the Johns Hopkins University School of Medicine in Baltimore, MD, confirms that the neurotransmitter serotonin does play a key role in Alzheimer's disease, and it suggests that the brain chemical may drive the illness rather than simply being its byproduct.

Gwenn Smith, Ph.D., a professor of psychiatry and behavioral sciences at the Johns Hopkins University School of Medicine, is the study's first and corresponding author. Her and her team's findings were published in the journal Neurobiology of Disease.


Studying serotonin transporters
Using positron emission tomography (PET) scans, Prof. Smith and colleagues examined the levels of serotonin in the brains of 56 participants. They were aged 66 years on average, and 45 percent of them were female.

More specifically, the researchers examined the behavior of the so-called serotonin reuptake transporters (SERT) in the brains of these participants.

Neurotransmitter transporters are the proteins found in the membrane of the neurons; they are responsible for transporting the neurotransmitters out of the synapses between brain cells and back into the nerve cell.

The researchers divided the participants into two groups of 28 participants each: the first group had symptoms of mild cognitive impairment (MCI) - which is often a precursor of Alzheimer's disease - as assessed by standard cognitive tests, and the second group consisted of healthy adults (the controls).


Lower SERT levels found in MCI patients
Using a radioactive carbon, the researchers were able to trace the presence and activity of SERT during the PET scans. Prof. Smith and team found that those with MCI had up to 38 percent less SERT than their cognitively healthy, age-matched counterparts.

Additionally, not one person with MCI was found to have higher levels of SERT than their healthy counterpart.

Furthermore, the researchers compared the results of the standardized cognitive tests with the results from the PET scans and found a proportional correlation.

For instance, those with MCI faired 37 percent worse in the verbal memory scores and had 18 percent lower levels of SERT compared with the cognitively healthy, age-matched counterparts.

From a clinical viewpoint, the findings imply that stopping the loss of serotonin, or substituting it with another neurotransmitter, could slow down or even completely halt the progression of the disease.

"Now that we have more evidence that serotonin is a chemical that appears [to be] affected early in cognitive decline, we suspect that increasing serotonin function in the brain could prevent memory loss from getting worse and slow disease progression."
Gwenn Smith, Ph.D.
Typically, for treating diseases such as depression - wherein serotonin levels need to be adjusted - doctors prescribe so-called selective serotonin reuptake inhibitors (SSRIs), which are drugs that block the neurotransmitter from being "reabsorbed" by neurons.

Prof. Smith notes, however, that SSRI treatment for Alzheimer's disease has not been proven successful. The reason for this, she ventures, might be that SSRIs need to bind to serotonin transporters in order to work, but in patients with Alzheimer's disease, it is precisely these transporters that are missing.

She therefore suggests that serotonin receptors - rather than transporters - might be a better therapeutic target.





Neurotransmitter 神経伝達物質
monoaminergic neurons モノアミン作動性ニューロン
psychiatry 精神医学
behavioral sciences 行動科学
Membrane 膜
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply