FC2ブログ

ウクライナセントラルバンク、ビットコインの正当性や規制を討論

author photo

Bycure32

Ukraine’s Central Bank will Discuss Bitcoin Legality and Regulation

ウクライナの国立銀行は今月下旬にビットコイン及び他暗号通貨の法的、規制ステータスの開発を目指す。


今月の注目に値する発表の中、
ウクライナ国立銀行は自国の暗号通貨の決定的な規制枠組み設定に目をむけることを明かした。
”ウクライナにはビットコインの明確な法的ステータスがない”

一方日本、中国、オーストラリア、そしてイスラエルなど
世界中の国が暗号通貨の法的分類ガイドラインを公式に発表し始める。


セントラルバンクは次回8月末近くに予定されているFinancial Stability Board(財務安定委員会)の会議で
ビットコインの法的地位とその規制の共通ポジションを議論し策定する模様。
ビットコイン価格が4000ドルの壁を越えたという事で大衆の注目を集めている時に規制への法的立法プロセスの動きが来た。
今年、1月に入ってから3000%増加している。


世界中のほかの国とおなじように、
ウクライナは企業の支払い方法としてビットコインが採用されるところから
BitFuryとウクライナ政府との画期的なブロックチェーン開発契約のような業界動向まで見てきた。

この連携が結果的にもたらすものは、ブロックチェーン上に政府の電子データが入れられることである。
ウクライナは今年中に自国に150台のビットコインATMを設置すると見込まれている。
これらのATMはイーサリアムなど他の通貨もサポートする。


2015年後半にCCNが報道したように、
ウクライナの最大プライベートバンクPrivatBankはオンライン小売業者のビットコイン支払い統合テストを完了し
暗号通貨での支払いを可能にした。
暗号通貨で支払いを受け取り、その後通貨を変換し販売者の銀行口座に入金する流れである。


つい最近、ウクライナ当局は
ビットコインマイナーをKiev機関所有の放棄されたプールを使い
pc200台で暗号通貨採掘のために設置したとして逮捕した。
報道によると、違法なスキームも国有施設の関係者に加担しているという。

従って、中央銀行はhryvniaをウクライナ唯一の法的支払い手段の通貨とした。
ビットコインを規制する中央銀行の決断は国の暗号通貨の決定的な法的地位を公式化することも確実になった。


中央銀行による今月のミーティングは
財務省、国家財政サービス、国家財務監視サービス、国家証券・株式市場委員会、
金融市場サービスの規制に関する全国委員会を含む注目すべき参加者が集まる。





The National Bank of Ukraine will look to develop a position on the legal and regulatory status of bitcoin and other digital currencies later this month.

In a noteworthy announcement this month, the National Bank of Ukraine – the country’s central bank – has indicated that it will look toward developing a definitive regulatory framework for cryptocurrencies in the country. ‘Currently, Bitcoin does not have a definite legal status in Ukraine,’ begins the official notice which underlines the legal classification of the cryptocurrency in a number of countries around the world including the likes of Japan, China, Australia, and Israel.

The central bank will discuss and ‘develop a common position on the legal status of Bitcoin and its regulation’ during the next meeting of the Financial Stability Board, scheduled to occur near the end of August. The move to initiate a formal legislative process toward regulation comes at a time when bitcoin captures the mainstream’s attention after breaking the $4,000 barrier, a new all-time high for the world’s most prominent cryptocurrency. This year, bitcoin is up 3000% since the turn of January.

Ukraine, like many other countries around the world, is seeing a notable uptick in bitcoin activity from adoption as a payment method to recent industry developments such as a groundbreaking blockchain development deal between BitFury, a private bitcoin- and blockchain-firm and the government of Ukraine. The partnership will ultimately result in putting all of the government’s electronic data onto a blockchain. Ukraine is also expected to field up to 150 bitcoin ATMs across the country by the end of the year. These ATMS are also likely to support other digital currencies including Ethereum, among others.

As reported by CCN in late 2015, Ukraine’s largest private bank, PrivatBank, completed testing of integrating bitcoin payments to online retailers, enabling them to receive the cryptocurrency as payment before directly converting it into local fiat currency that is then deposited into the merchant’s bank account.

More recently, Ukrainian authorities arrested bitcoin miners for allegedly using an abandoned swimming pool at a state-owned Kiev institute to install 200 computers to mine the cryptocurrency. According to a report, the ‘illegal scheme’ also contributed to officials at the state-owned facility. As such, central bank laws dictate that the hryvnia, Ukraine’s fiat currency, is the only legal method of payment in the country. The central bank’s decision to regulate bitcoin is certain to also formulate a definitive legal status for cryptocurrencies in the country.

This month’s meeting, initiated by the central bank, will also see notable participants including the Ministry of Finance, the State Fiscal Service, the State Financial Monitoring Service, the National Securities and Stock Market Commission, and the National Commission for the regulation of financial markets services.
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply