FC2ブログ

白血病予防にはビタミンCが効果的

author photo

Bycure32

Vitamin C may stop leukemia from progressing
ビタミンCが白血病の進行を食い止める?


研究者らは、1970年代から高用量ビタミンCとそれを利用したがん治療の可能性に興味を持ってきた。
新たな研究でビタミンCが白血病細胞の増加を止め、
さらにいくつかの種類の血液ガンの進行をブロックすることができるかもしれないと分かった。

ビタミンCによるガン治療のための効果的な治療の証拠はいまだ物議を醸している。
いくつかの研究ではビタミンCがすい臓がん、肝臓がん、結腸がん、
そして卵巣がん含む幅広いガンに有効だと結論付けられている。
しかし、反対にいくつかの研究では化学療法の有効性を下げると主張している。


NYUのPerlmutter がんセンターは、血液ガンにおけるビタミンCの効果を調査した。


研究最初の著者はLuisa Cimmino博士で、NYU病理学助教授。
この研究結果はジャーナルCellに掲載されている。


The role of the enzyme TET2 in leukemia
白血病における酵素TET2の役割



Tet2メチルシトシンジオキシゲナーゼ2という酵素は、
特定の独自性や機能のない未分化細胞と呼ばれる幹細胞を生成する能力を持っており、
成熟、通常血液細胞に分化し、他の普通の細胞と同じように死ぬ。


血液幹細胞が成熟していると認識せず、血液幹細胞を再生成し無限に増幅させ、
私たちの体を感染から身を守るために必要な免疫システムの、
正常な白血球生成を止めてしまう白血病の患者にTET2が有益である。


遺伝的変化はこの酵素の有益な働きに影響を与えることができる。
急性骨髄性白血病患者の10%、骨髄異形成症候群と呼ばれる白血病の手前の患者の30%、
そして慢性骨髄性白血病患者の50%はTET2が減少する遺伝的機能不全を抱えている、
と著者らは研究で指摘している。


それゆえ、Cimmino教授達はこの酵素が遺伝的にどのように刺激されていくのか、
そしてビタミンCが遺伝的変化に使用できるのかどうかを実験することにした。


Switching the TET2 gene on and off
TET2のスイッチオンとオフ


研究者らは遺伝的に酵素を損失しているマウスを作り、
TET2遺伝子のオン(有)オフ(無)切り替えが可能なマウスを設計した。
その遺伝子がオフの時、幹細胞が機能不全を始めたことを研究者らは突き止めた。
そして、遺伝子をオンに戻したところ、機能は回復した。


TET2の遺伝的機能不全に依存する白血病やその他血液疾患は
たった一つか二つのTET遺伝子のコピーが変化するだけであること研究者らは知っている。


従って、静脈内に投与される高用量のビタミンCは
正常な細胞のコピーを増幅することにより欠陥遺伝子を補うことが出来るという仮説を彼らは立てた。


Vitamin C, PARP inhibitors block cancer cells
ビタミンC、PARP阻害剤ががん細胞をブロックする


研究で仮説を確認した。
そして、研究者らはビタミンCがTET2機能回復の遺伝的メカニズムを促進することを発見した。
このメカニズムは脱メチル化と呼ばれた。(プロセスは、幹細胞に成熟を伝え通常の細胞のように死へ導くというもの)
このプロセスはTET2機能不全の患者には適切に働かない。


しかし、新研究ではそのような患者に光をもたらす。
研究者らはビタミンCによるDNA脱メチル化促進での静脈治療により、
幹細胞の成熟と死滅をさせられることを見つけたのだ。
この治療は人間の患者からマウスへ移植した白血病ガん細胞をげっ歯類の体内でも止めることができた。


この結果から、
研究者らはPARP阻害薬と呼ばれる抗ガン薬とビタミンCを組み合わせるとどうなるのかを知ることが出来た。
”DNA修復を阻むことによってガン細胞を殺すと知られている薬のタイプがあり、
それらは既に卵巣がん治療で承認されている。”とCimmino教授は説明している。


研究者はこの組み合わせがビタミンC治療の効果を高め、
白血病細胞の自己再生を困難にすることを発見した。


What are the clinical implications?
臨床的意味は?


Perlmutter Cancer Centerの責任著者Benjamin Nee博士は
Medical News Todayで、彼らが発見したことの意義を語った。


”研究結果が示すことは、静脈投与される高用量ビタミンCがTET2突然変異骨髄異形成症候群において、
単独または現在の脱メチル化療法/PARP阻害剤との組み合わせが有効であるということ。”

”我々の研究はほかにも、
ビタミンC+/-PARP阻害薬はTET2突然変異急性骨髄性白血病の有益な戦略の一部になるかもしれない。”
とNeel博士は付け加えた。

だが、これはあくまで予想であるので、臨床試験で実際にテストしていかなければならない。
と著者は注意した。


Perlmutter Cancer CenterのAbdul Maher-Hay先生は中、高リスクの骨髄異形成症候群におけるビタミンCの効果を測定するため他施設試験を進めた。とNeel博士は伝えている。
”この試験の結果はとても興味深い”


Neel博士は未来の研究のためのMNT科学者の行く末を共有した。
”我々は急性骨髄性白血病や一時患者モデルでの高用量ビタミンCとPARP併用効果の効果を
測定するための前臨床研究追加を検討中である。”と言っている。


”そして最後に、急性骨髄性白血病サンプルにおけるビタミンCと
相乗効果を発揮するかもしれない他の薬剤の特定実験を計画している。”



Vitamin C may stop leukemia from progressing


Since the 1970s, researchers have taken an interest in high-dose vitamin C and its therapeutic potential for treating cancer. New research shows how vitamin C might stop leukemic stem cells from multiplying, and thus block some forms of blood cancer from advancing.
The evidence for vitamin C as an effective treatment for cancer remains controversial. Several studies have shown that it works against a wide variety of cancers, including pancreatic cancer, liver cancer, colon cancer, and ovarian cancer. Other studies, however, have suggested that it might make chemotherapy less effective.

New research - conducted by scientists at the Perlmutter Cancer Center at New York University (NYU) Langone Health in New York City - investigates the effect of vitamin C on blood cancer.

The first author of the study is Luisa Cimmino, Ph.D., an assistant professor in the Department of Pathology at NYU Langone Health, and the findings were published in the journal Cell.


The role of the enzyme TET2 in leukemia
An enzyme called Tet methylcytosine dioxygenase 2 (TET2) is known to have the ability to make stem cells - which are undifferentiated cells that have not yet gained a specific identity and function - differentiate into mature, normal blood cells that end up dying similarly to any other normal cell.

This is beneficial to patients with leukemia, in which blood stem cells are not "told" to mature, so instead, they regenerate themselves and multiply ad infinitum. This stops the body from producing normal white blood cells, which our immune system needs to fight infection.

Genetic changes can influence this enzyme's beneficial action. The authors note in their study that 10 percent of acute myeloid leukemia patients, 30 percent of patients with a type of pre-leukemia called myelodysplastic syndrome, and 50 percent of those with chronic myelomonocytic leukemia have a genetic malfunction that reduces TET2.

Therefore, Prof. Cimmino and colleagues set out to examine how this enzyme can be genetically stimulated, and whether or not vitamin C can be used to do so.

Switching the TET2 gene on and off
It was known to the researchers that, in leukemia and other blood diseases that depend on TET2 genetic malfunctions, only one of the two copies of the TET2 gene is altered.

So, they hypothesized that a high dose of vitamin C administered intravenously might compensate for the faulty copy of the gene by amplifying the action of the copy that still functions normally.

Vitamin C, PARP inhibitors block cancer cells
The study confirmed the researchers' hypothesis. They found that high-dose vitamin C promoted a genetic mechanism that restored TET2 function. This mechanism is called DNA demethylation - a process that, simply put, activates genes that "tell" stem cells to mature and evolve toward death, as normal. This process does not work properly in patients with TET2 genetic mutations.

The new study, however, gives such patients hope, as the researchers found that intravenous treatment with vitamin C promoted DNA demethylation, "telling" stem cells to mature and die. The treatment also stopped leukemia cancer stem cells that had been transplanted from human patients to mice from growing in the rodents.

The results prompted the researchers to see what would happen if they combined the therapeutic potential of vitamin C with a class of anticancer drugs called PARP inhibitors. These are "a drug type known to cause cancer cell death by blocking the repair of DNA damage, and [are] already approved for treating certain patients with ovarian cancer," explains Prof. Cimmino.

The researchers found that this combination boosted the efficacy of the vitamin C treatment, making it even more difficult for the leukemic stem cells to self-renew.

What are the clinical implications?
Corresponding study author Benjamin Neel, Ph.D., director of the Perlmutter Cancer Center, spoke to Medical News Today about the significance of their findings.

"Our results suggest that high-dose vitamin C - and it's important to note that this means doses that have to be administered [intravenously] - might have therapeutic benefit in TET2-mutant myelodysplastic syndrome, either alone or in combination with current demethylating therapies and/or PARP inhibitors."
Benjamin Neel, Ph.D.
"Our work also suggests that vitamin C plus/minus PARP inhibitors might be part of a beneficial strategy for TET2 mutant [acute myeloid leukemia]," adds Dr. Neel. But the author cautions that these are only predications, and that they "must be tested in human patients via clinical trials."

"Dr. Abdul Maher-Hay at [the Perlmutter Cancer Center] has organized a multi-center trial to test the effects of vitamin C in intermediate and high-risk [myelodysplastic syndrome]," Dr. Neel told us. "The results of this trial will be quite interesting."

Dr. Neel shared with MNT some of the scientists' directions for future research, saying, "We also plan additional preclinical studies to test the effects of high-dose vitamin C in combination with PARP [inhibitors] in more models of [acute myeloid leukemia] and in primary patient samples."

"And finally, we plan experiments to identify other agents that might synergize with vitamin C in [acute myeloid leukemia] samples."



pancreatic cancer すい臓がん
colon cancer 結腸がん
ovarian cancer 卵巣がん
myelodysplastic syndrome 骨髄異形成症候群
Intravenous 静脈内
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply