FC2ブログ

くさい足のにおいを取る10の方法

author photo

Bycure32

Ten ways to get rid of smelly feet

我々の”足”は様々な病気、痛み、においを伴いながら目的地まで運んでくれる。
多くの人々が足が臭くなる経験をしているが、中には靴を脱ぐのが怖くなってしまっている人もいる。



くさい足は医学用語でいうと、ブロモド症にあたる。
そんな症状の発生を抑えてくれるたくさんの治療法がある。



くさい足の簡潔なまとめ


ここにくさい足について重要なポイントをまとめた。
これらの詳しい情報はこの記事のメインでご紹介。

・足の臭いの根本的な理由はバクテリアと水分
・くさい足に医学的な心配は不要、しかし人間関係や自己意識に影響を及ぼす恐れあり
・バクテリアによる油や死んだ皮膚細胞の分解が悪臭の原因になり得る




履物のヒント


靴下と靴は足を蒸らし、足のにおいを悪化させる元となりかねない。
これから履物によるにおいの原因を減らすステップを紹介しよう。


1.靴下
靴下をいつでも着用することで臭い問題解決に役立つ。
特に汗を吸収する素材の靴下は、汗を吸い臭いを減らしてくれる。

それに、簡単に着替えられるので、靴に残ってしまう臭いを減らしてくれる


2.靴
通気性の良い靴は臭いの元である、汗と湿気を減らしてくれる。

通気性の良いメッシュの靴を購入すると良い

一方プラスチックでできているタイプの靴はくさい足化に貢献してくれることをほぼ保証している。
理由は通気性が悪く、足が蒸れるためだ。



3.靴や靴下を色々履くこと
靴を完全に乾かす時間を作ることで、足が臭くなるのを特に防いでくれる。

今日はこの靴をはいて、次の日は別の靴を履く。これで十分靴を乾かせられる。

替えの靴下を持ち歩くこと、それも足の汗と臭いを減らすのに効果的。


4.インソールを交換すること
靴の中敷き(インソール)を
臭い減少効果のあるもの、または抗菌のものに変えることで臭いを防ぐことができる。



もう一つの方法は
インソール用の抗菌効果又は、消毒効果のあるスプレーを購入すること。
しかしながら、この方法はインソールを完全乾燥するよりは効果が低い。



家庭でできること


エクセレントな足の衛生環境は、くさい足を改善&予防のカギとなる要素である。
この要素は抗菌石鹸で足を毎日洗い、つま先に特に気をつかうことも入っている。


そのほかの家庭でできること

5.足についている死んだ細胞をはがす
スクラブや軽石を使う事でバクテリアの好物である死んだ細胞を取り除くことが可能。

足の臭いが特に気になる方は、スクラブ等を使って週に2,3回足をこすると良い。


6.足の塩漬け
足の塩漬けは、角質除去にも角質除去ルーティンにも有効な方法。

温かいお湯の入ったボウルか浴槽にエプソムソルト(硫酸マグネシウム)を半カップ入れる。
そのお湯に10分から20分足をつけ、しっかり足を乾かそう。これだけ。

塩といっても実際はマグネシウム。


7.足の酢漬け
お湯2:お酢1(リンゴ酢または白酢でも可)をタブに加え、足を15〜20分間浸す。

この方法は皮膚を刺激するので、足に傷や痛みのある方はこの方法をしないほうが良い。


8.制汗剤
そして家庭でできるもう一つの方法は足に制汗剤を使用すること。

基本的にわきの下によく使われる制汗剤だが、足に使っても汗を抑える効果が期待できるはずだ。



医学的治療

足の臭いをどうにかしようとベストを尽くしても、強烈な足の臭いを消せないケースもある。
そんなときは医者の力を借りたいと思うだろう。


9.イオン注入

1つ目の治療方法はイオントホレシスと呼ばれる治療だ。

これは発汗を抑えるため、皮膚に水を通して軽い電気を流すというものである。


10.ボトックス
もう一つの方法は、他のケースでも使われることがあるボツリヌス毒素、ボトックス注射がある。
これは足底注射として知られる方法で足に注射する治療だ。

しかし、これらの注射は特に痛みを伴うものだ。痛みは通常3、4か月続きその後の治療が必要になってくる。

ボトックスはわきの下の過度な発汗治療にも使われる。



概略

IPFHによると、21歳以上の成人の16パーセントが足の臭いの問題を報告しているとのこと。


もし突然足の臭いが発生した場合、感染した傷や腫れのサインがないか検査する必要がある。


そんな時、足の裏を鏡で見られるなら、異常がないか確認しよう。

もし足に傷のサインがあれば医者に診てもらおう。
逆に何も異常がなければ、家で行なえる足の臭い予防に取り組もう。


家庭治療で足のにおいや過度の汗をどうにかできない時は、処方箋が治療可能だ。
足の臭いで自分を苦しめるのはもうこの記事でおわりにしよう。
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply