FC2ブログ

生ビール中ジョッキたった1杯のアルコール量で皮膚がんに!!?

author photo

Bycure32

Every 10 grams of alcohol per day may raise skin cancer risk


一日アルコール量10グラムで皮膚ガンリスクが上げる?!

 

It is no secret that a high intake of alcohol can be detrimental to health.  A new study provides further evidence of this, after linking high alcohol consumption with increased risk of skin cancer.

Researchers found that every 10gram increase in alcohol consumed each day was associated with a greater risk of basal cell carcinoma and  squamous cell carcinoma, which are the two main types of nonmelanoma skin cancers.

多量の飲酒が体に有害であることは周知の事である。新しい研究では高アルコール消費と皮膚がんリスクの上昇を結び付けた、飲酒の悪影響についてさらなる証拠を提供した。

研究者によると毎日のアルコール消費10グラムが、2種類の主要な非メラノーマ皮膚がんである扁平上皮癌と基底細胞癌の大きなリスクに関係していることが分かった。

Senior study author Dr. Eunyoung Cho - of Brown University in Providence, RI, and  Harvard Medical School in Boston, MA - and colleagues say that their findings indicate that alcohol consumption could be an important public health target to reduce  the burden of skin cancer worldwide.

古株の研究著者ブラウン大学とボストンのハーバード大学医学大学院

のEunyoung Cho医師とその同僚らは以下を述べている。研究結果から、世界規模で皮膚がんリスクを減少させるためにアルコール消費が重要な大衆の健康目標になり得る、と。

The researchers recently reported their results in the British Journal of Dermatology.

彼らは最近 英国ジャーナル”皮膚科学”にて結果を報告した。

According to the American Cancer Society, there are around 5.4 million basal and  squamous cell skin cancers diagnosed in the United States every year.

米国ガン協会によると、約五百四十万の診断された基礎、扁平細胞皮膚がんが毎年見つかっているという。

Basal cell skin cancer, or basal cell carcinoma, is by far the most common form of skin cancer, accounting for around 8 in 10 cases. This cancer begins in basal cells situated in the lower part of the epidermis, or the top layer of skin.

基礎細胞皮膚がん、または基礎細胞癌腫は非常に最も一般的な皮膚がんのタイプで、80パーセントがこれに当たる。このガンは表皮の下の層または肌の最上層の基礎細胞から始まる。

Squamous cell skin cancer, or squamous cell carcinoma, accounts for around 2 in 10  skin cancers. This cancer begins in squamous cells in the outer layer of the epidermis.

扁平細胞皮膚がん、または扁平細胞癌腫は皮膚がんの2割を占めている。これは表皮の最外層の扁平細胞から始まる。

Alcohol intake and skin cancer アルコール摂取と皮膚ガン

Exposure to ultraviolet radiation from the sun or tanning beds is considered  the primary risk factor for basal and squamous cell carcinomas, but previous studies have suggested that lifestyle factors may also play a role.

 

太陽や日焼けサロンマシンからの紫外線を浴びることは基礎、扁平細胞の主要なリスク要因とされているが、前の研究で生活習慣もまたリスク要因の一つと示唆された。

One such factor is alcohol intake.               A 2012 study published in the European Journal of Dermatology,  for example, found that drinking alcohol may increase the risk of aggressive basal cell carcinoma. However, other studies have found no such link.

このような1つの要因はアルコール摂取である。欧州皮膚科学ジャーナルにて2012年の研究が載せられた内容の1つは、飲酒は活発的な基礎細胞癌腫のリスクを上昇させるかもしれない。しかし、他の研究はこのリンクのようなものは見つからなかった。

リンク→http://www.medicalnewstoday.com/articles/314481.php?iacp

To gain a better understanding of the link between alcohol consumption and basal  and squamous cell carcinomas, Dr. Cho and colleagues conducted a systematic review and meta-analysis of 307 studies that previously investigated this association.

アルコール消費と基礎及び扁平細胞癌腫の関係についてより良い理解を得るために、

Cho医師とその同僚らは以前この関係性を調査した系統的レビューと307研究のメタ分析を行った。

The final analysis included 13 case-control and cohort studies,  which involved 91,942 cases of basal cell carcinoma and 3,299 cases of squamous cell  carcinoma.

最終分析には基礎細胞癌腫91942例と扁平細胞3299例入りの13のケース操作とコホート研究を含んでいた。

The results revealed that for every 10-gram increase in alcohol intake each day (for comparison, a "standard drink" in the U.S. contains 14 grams of alcohol), the risk of basal cell carcinoma increased by 7 percent, while the risk of squamous cell carcinoma increased by 11 percent.

その結果、毎日10グラムずつアルコールを摂取するごとに(比較のため、米国の「標準飲料」には14グラムのアルコールが含まれている)基礎細胞癌腫のリスクが7パーセント上がり一方扁平細胞癌腫のリスクは11パーセント上昇した、と明らかになった。

The researchers say that their findings should be "interpreted with caution,  due to potential residual confounding." However,  they believe that the results could have significant public health implications.

研究者らの所見はこれらは潜在的な説明できない混乱をはらんでいるため慎重に解釈されるべきという事である。”しかしながら、彼らは信じている、この結果が公衆の健康示唆に顕著な示唆を持つと。”

"[...] because alcohol drinking is a prevalent and modifiable behavior,  it could serve as an important public health target  to reduce the global health burden of NMSC [non-melanoma skin cancer]."

何故なら飲酒は日常的であり、調整可能な行動であるからだ、それは人々の重要な健康目標として世界的にNMSCリスクの減少を抑えるために機能するはずだ

(NMSCとは非メラノーマ皮膚がんのこと)




感想というか、

飲酒がまさかガンのリスクを上げる可能性があるとは知りませんでした。

アルコール10グラムっていったいどれくらいなのか

ここで調べてみると、

生ビール中ジョッキ1杯に16グラム

ハイボール中ジョッキ1杯に22グラム

でした。結構なアルコール量が1杯で摂れてしまいますね。

 

bi-rudabi-ru.PNG

人がお酒を飲むのは、いつもは理性で抑えている感情を解き放ちたい、

又はお酒を飲んでいるからという口実で感情的になるのを許してもらいたい、

高揚感を感じたいなどがあると思っています。

アルコールは脳をマヒさせるので(←これが気持ちよくなる要因)いつもは理性で止められることがマヒで弱まり羽目をはずすこともあります。

またお酒を飲むと記憶がなくなるのは記憶を作る部分の脳(海馬)がマヒしているためだそうです。(なくなるというよりもともとない)

Detrimental 有害

Intake 摂取

Squamous 扁平な

Carcinoma 癌腫

Melanoma 腫瘍

Basal 基底

Dermatology 皮膚科学

Epidermis 表皮

Residual 残りの
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply