FC2ブログ

凄腕株式アナリスト、ビットコイン価格が3年以内に2万ドルに達すると予想

author photo

Bycure32

moas.png



Stock Markets Analyst Sees Bitcoin Hitting $20,000 within Three Years

株式アナリスト、ビットコイン価格が3年以内に2万ドルに達すると予想


standpointresearch.comの創業者、Ronnie Moasがビットコインについて、

3年以内に1ビットコイン当たりの価格が2万ドルに達すると見ていることを明かした。
彼によると、現在の状況は氷山の一角でしかないという。


実際、Moas氏はビットコイン市場の時価総額はこの先10年で2兆ドルに達すると予想している
現在の時価総額は1610億ドルであるので強気な予想である。

彼がこのように見込んでいる理由は、
この暗号通貨市場と過去に起きている90年代の”ドットコム”ブームがまるでパラレルワールドだと捉えているからである。


昔アマゾンやグーグルの株価の価値が跳ね上がり100ドルや200ドルに達したとき、投資家たちが心配したことがあった。
しかし私はビットコインの価値がいくらアマゾンやグーグルの時以上に高値を跳ね飛ぶように更新しても、もう心配することはない。

今では、2社の株価は900ドルを超えている。
問題は我々が今どこにいるかではない。問題なのはどこに向かうのか、だ。
私はビットコインはバブルじゃないと思っている。


Coin Deskによると、時価総額2兆ドルに達するため、
Moas氏は現在200兆ドル規模の世界資本市場を見ていくことにしたという。

彼曰く、株価は過大評価されている

S&Pの500の銘柄の内3/4が各企業の収益の12倍で取引されているのだ。

さらに、この1年半で株式市場での過大評価修正が起こったところを見たことがない、と彼は付け加えている。


(今価値が減少している)米ドルへのアクセスを持たぬ多くの人々にとって、
暗号通貨というものは非常に魅力的だ、とMoas氏は言う。

彼はベネズエラを例に出した。
この国は政府の政策失敗があったものの、ビットコインやその他暗号通貨のおかげで国民は生き延びることが出来たのである。

Moas氏の言葉:
”では今、彼らにとっての通貨とはいったいどれなのか想像してほしい。
あなたはベネズエラに住んでいて、お金をベッドのしたに保管している。

このまま(経済破綻に向かう)ベネズエラの通貨を使うべきか、それともそのお金をビットコインに変えるべきかどちらを選ぶ?

どちらにするかなんて、きっと時間を要することなく決断できるだろう。”



世界の資本市場200兆ドルと結びついている現金、金、株式、債権のうち1%は今後10年間で暗号通貨に移行する、
とMoas氏は見積もっている。

この行為(移行)は今日にも行われている、暗号通貨投資に対する1.25%の利益を投資者が得るということ。
そして、ビットコインはアマゾンやアップルよりも大きくなる。とCoinDeskは述べた。


だがしかし、もしも暗号通貨バブルが存在したら、
上位50種の暗号通貨以外にも、800種を超える暗号通貨があるので、
暗号通貨時価総額の91%はたった20種の暗号通貨に投資されることになるとMoas氏は留意した。



強気なビットコイン予測


過去13年間で900の株式を推奨し最近暗号通貨世界に足を踏み入れることを決めたRonnie Moas氏は、
他にも強気な予測を立てていた。

彼は、ビットコインの価値は来年に2倍になり、今後10年間で1ビットコイン当たり25000ドル~50000ドルになると見込んでいる。


最近、ビットコインが4000ドルを更新した後、Moas氏は7500ドルまで達すると言った。
彼が最初にした7月の予測は,”ビットコインは数か月以内に5000ドルに届く”であった。
記事寄稿当時CoinMarketCapによると、ビットコインは$4,383.80で取引されていたので今のところほぼその通りである。




やり手の株式アナリストの予測

・暗号通貨市場時価総額はやがて2兆ドルになる
・1ビットコイン=2百万円になる

そして、ビットコインはバブルじゃない


それらの予測の源は大きく分けて以下の三つ

・アマゾンやらグーグルの株価が暴騰して騒がれていたこともあったが
そんな時以上に現在2社の株価は高くなっている

(昔100ドル→今900ドル)

ビットコインにも同じことが起こる、とみている これが一つ。
(今5000ドル→未来20000ドル)

・株価が過大評価されているのに、いまだその価値が修正されないこと
企業の収益の12倍で取引されているのが500社中375社くらい(四分の三)

ビットコインも同じことが起こる

・国の通貨となり得る力
ベネズエラでは、自国の通貨よりもビットコインの方が信頼性が上

ユーザーの規模が彼の予測を支持する理由の一つ


ワカラナクモナイ

本当にどの国も暗号通貨の可能性を本格的に見ているので
(ビットコインを禁止しようとしていたロシアが自国の暗号通貨開発に取り組むような世の中です。)
必然的にビットコインの信頼性は上がりますよね。そうなると価値も上がります。

現在使っているお金、例えば1万円札は1万円の価値があることを誰も疑いません。
当たり前だと思いますよね。でも外国人にしてみればただの紙切れにしか見えないこともあります。


それが暗号通貨なら、ただの紙切れとは思わなくなるのか
或いはその暗号通貨に不信感を抱くのか...

各国がそれぞれの暗号通貨を持つようになるのは何年後になるのでしょうか

スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply