FC2ブログ

”やりすぎ”な規制によりビットコイン両替所ShapeShiftがワシントン州から退去

author photo

Bycure32

waPNG.png



“Reckless” Regulations Force Bitcoin Exchange ShapeShift to Exit Washington State


号通貨両替所ShapeShiftがワシントン州での営業を終了することを発表した。
サービス終了の理由は、上院議案5031によビットライセンスの規制が課せられたためだ。
同社はワシントン州に対し”非論理的””無駄””無謀”と非難した。



出口


ShapeShift はブログにてこの発表を行った。
その中で州が運営を効率的にするため、そしてユーザーの個人情報を守るにしてはやりすぎな規制負担を課したと説明した。

上院議案5031によりBitstampBitfinexそしてPoloniexのほかにShapeShiftがワシントン州から撤退することになった。


7月に実施した新案は、電子通貨操業者に送金の法律を適用するというものである。
ShapeShiftのような両替所は何万、何十万とコストのかかるライセンスの申し込みや保証債の発行を要求された。

ShapeShiftがハッカーによる個人情報盗難の標的になると主張しているこの法は、
ほかにも電子通貨操業者に対してユーザーの個人情報を取得、保管することを要求する。


同社投稿内陳述:
”新たな法律”Senate Bill 5031”は州内のブロックチェーンサービスプロバイダのライセンスを必要とするという。
この法の解釈下では、我々は自分のアカウントで資産を売買するのにワシントン州の許可を得なければならない。

さらに、ただ顧客の個人情報を抽出しハッカーから盗まれるこの個人情報を保管するだけのライセンスを
保持するためだけに何十万男百万ドルを消費しなければならなくなる。”



同社は、ワシントンの規制当局に対しデジタル通貨について”無謀な”立場をとっていると激しく非難した。


”我々は、ワシントン州規制当局が非論理的、不経済、無鉄砲だと思っている。
従来の決済システムを設計、構築、推進した人たちに我々と同じ考えを期待できない。”


ワシントンの規制は、2015年にニューヨークで合意された物議を醸すBitLicense政策を連想させる。
”大物ビットコインの出国”とニューヨークビジネスジャーナルで題された、
ShapeShift含むこの州の数多くのビットコイン事業がサービス終了を余儀なくされた。


ShapeShift が州立ち退きしたことについて規制に屈するよりも”残念だ”クレームをしたクライアントに対して、
CEOErik Voorhees氏は顧客のことを考えた決断であると返答した。


”我々は強要されることはない。
そして我々の顧客が望むのは自分の財産に関する意思決定を自分でできることであって、
政治家にとやかく言われることではない。

我々は引き続き規制当局に長い間支持され、設計され競争から守られてきた恐ろしい従来の銀行システムよりも
安全なシステム構築で顧客の安全を守っていく。”



”このような保護がワシントン州で長く認可されているため、その方々と仕事することはもう無理だ”

とVoorhees氏は告げた。






Excoriate 搾取する 猛烈に非難する
Be reminiscent of を連想させる
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply