FC2ブログ

韓国、ビットコイン規制強化、ICO罰則の動きもあり

author photo

Bycure32

korea.png



South Korea Tightens Bitcoin Regulations, Will ‘Punish’ ICOs: Report

韓国、ビットコイン規制強化、ICO罰則の動きもあり

韓国規制当局がビットコイン含む暗号通貨の規制、監視強化していると伝えられている。


韓国デジタル通貨タスクフォース(国の中央銀行、金融規制当局そしてデジタル通貨会社からなるグループ)は
さらなる消費者保護対策のためトレードや実務に対する規制強化について議論した。


Business Koreaによると、当グループは日曜日に自国内取引所の規制強化を施行する予定の合同会議を開催した。
国税庁、韓国公正取引委員会が出席したミーティングでは、デジタル通貨関連での怪しい取引を報告するシステムを銀行に導入することや、取引所でのユーザー認証手続きの強化についても画策されていた。


ミーティングの議長を務めた国税庁議長Kim Yong-beom氏はこう語った。

”現在、デジタル通貨をお金や通貨、金融商品とみなすことはできない。”


さらに、ビットコイン送金外貨フィンテック事務所らは規制当局による監視を我慢しなければならない。

韓国政府はビットコインベースのフィンテック事業者に対し、
外貨転送サービス事業を許可する規制緩和をしているのにも関わらず、こういうことになっている。


韓国当局は、暗号通貨取引所にサービス時に顧客保護策を取ることを勧告する予定だ。



韓国でのICOは禁止となるのか?


注目すべきことに、
報道で規制当局にICOをデジタル通貨を用いた株式発行での資金調達を
キャピタルマーケット違反として”罰則”を提案していることが分かった。


FSCはさらに言及した

我々はデジタル通貨投資を偽装した違法資金調達の無許可業務規制に関する法律案の起草
並びに罰則強化をしていく。



既に多くの顧客情報流出や資金盗難が大手韓国ビットコイン取引所で起きている
だらしないサイバーセキュリティの検査の必要性について、取引所によるより厳しい違反行為取締と共に議論された。


韓国デジタル通貨タスクフォースはさらに、
新たな政策が形作られる前に他国の規制実施を研究し
暗号通貨の課税や許可についての不安な点を調べていくと付け加えた。


7月に報告された通り、デジタル通貨規制枠組みにつながる法案は
韓国でのビットコインやイーサリアムの合法化及び規制に見ることが出来た。




スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply