FC2ブログ

白ワインがメラノーマのリスクを上げる?!

author photo

Bycure32

White wine may raise melanoma risk


白ワインがメラノーマのリスクを上げる?!

Published Saturday 3 December 2016 寄稿2016年12月3日

The festive season is upon us, meaning many of us will be indulging in a drink or two  at office parties or family gatherings.  But a new study suggests it might be worth steering clear of white wine;  it could raise the risk of melanoma.

お祭りの時期が来ている、つまり我々大勢が会社で、家の集まりで酒におぼれるということ。そんな折、最新の研究でワインを避けるべきであるといわれている。なぜならワインがメラノーマリスクを上げるかもしれないからだ。

Researchers found white wine could be independently linked to greater risk of  melanoma.

研究者らは白ワインが大いなるメラノーマリスクに独立して関係しているということを見つけた。

Eunyoung Cho, an associate professor of dermatology and epidemiology at Brown University's Warren Alpert Medical School in Providence, RI, and colleagues recently published their findings in the journal Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention.

ロードアイランド州プロヴィデンスにあるブラウン大学ウォーレンアルパートメディカルスクール皮膚科学及び疫学准教授ユーニアン・チョーとその同僚らは

最近Cancer Epidemiology, Biomarkers & Preventionという雑誌に彼らの研究を載せた。

Melanoma is a form of skin cancer that begins in melanocytes,       which are cells in the  top layer of skin.

メラノーマは皮膚の最上層にある細胞、メラノサイトから始まる皮膚がんのタイプである。

While melanoma is significantly less common than other skin cancers -  such as basal cell carcinoma - it is much more deadly.  According to the American Cancer Society,  more than 10,000 people in the United States will die from melanoma in 2016.

基礎細胞癌腫や他の皮膚がんに比べあまり一般的でないメラノーマだが、かなり多くの死者を出す。米国がん協会によると、アメリカにいる10,000人以上が2016年にメラノーマによって死亡すると言われている。

Exposure to ultraviolet (UV) radiation from the sun or tanning beds and lamps is a primary risk factor for melanoma. Other risk factors include a family history of the disease, having fair skin, freckles, light hair, lots of moles, and having a weakened immune system.

太陽や日焼けマシーンからの紫外線がメラノーマの主要なリスクである。他のリスク要因はその病気の家系、きれいな肌、そばかす、明るい毛、多量のほくろ、そして免疫系の弱化が含まれている。

Now,                                                     Cho and team suggest alcohol - particularly white wine should be added to the list.

現在、チョーのチームはアルコールが、特に白ワインがそのリスク要因リストに入るべきだと提案している。

Daily glass of white wine could raise melanoma risk by 13 percent

Alcohol is a known risk factor for a number of cancers,  including head and neck cancer, liver cancer, breast cancer, and esophageal cancer.

日々のグラス1杯の白ワインが13パーセントのメラノーマリスクを上げるはず。

アルコールは、頭頸部がん、肝臓がん、乳がんおよび食道がんを含むいくつかの癌の危険因子として知られている。

For their study, Cho and colleagues analyzed the data of three large studies -  including a total of 210,252 adults  - to see if there might be a link between alcohol intake and risk of melanoma.

彼らの研究のため、チョー達は飲酒とメラノーマリスクの関連性を見ることを目的に

210,252人の大人をふくむ三つの研究データを分析した。

Fast facts about melanoma

メラノーマについての事実

This year, around 76,380 new cases of melanoma will be diagnosed

Melanoma rates in the U.S. have been rising for the past 30 years

The skin cancer is 20 times more common in white people than black people.

Learn more about melanoma

・(2016年)メラノーマの新たな76,380あたりの症例が診断されるだろう

・アメリカのメラノーマ発症レートはこの30年上がり続けている

・皮膚がんは黒人にくらべ20倍白人にとって一般的なこと

As part of the studies, participants were required to complete food frequency questionnaires, which detailed their alcohol intake, including what alcoholic beverages they consumed and how much.

One standard drink was defined as 12.8 grams of alcohol, and study participants were followed-up for a mean of 18.3 years.

研究の一環として、参加者達は何のアルコール飲料をどれくらい消費しているか、食品頻度アンケート調査で答えることを要求された。標準飲料をアルコール含有量12.8グラムと定義され、そして研究参加者らは約18年と3か月追って調査された。

When looking at overall alcohol intake, the team found that each alcoholic beverage  consumed daily was associated with a 14 percent greater risk of melanoma.

全体的なアルコール摂取量をみていると、チームは毎日のんでいるお酒はメラノーマのリスクが14パーセントが高いこと発見した。

However, when the researchers broke down the results by alcohol type, they found that it was only white wine that could be independently associated with melanoma; each daily glass of white wine was linked to a 13 percent greater risk of melanoma.

さらに、この結果をアルコールタイプで分けていったところ、彼らはアルコールの中でも白ワインだけが独立してメラノーマに関係していると発見した。毎日1杯の白ワインはメラノーマリスク13パーセント高くすることにつながっている。

According to the team, beer, red wine, and liquor had no significant impact onmelanoma risk.

チームによると、ビール、赤ワイン、焼酎はそこまでインパクトのあるメラノーマリスクはないらしい。

Another finding of interest was that melanomas on parts of the body that were less likely to be exposed to UV rays were more likely to be linked to alcohol intake.

もう一つの興味深い発見は、UVにさらされることが低い所にあるメラノーマは飲酒と関連している可能性が高いということである。

For example, adults who consumed at least 20 grams of alcohol daily were at 73 percent greater riskof melanomas of the trunk, but they were only 2 percent more likely to develop melanomas of the head, neck, or extremities. Further research is warranted to identify the underlying mechanisms.

例を出すと、毎日の飲酒で最低20グラムのアルコールを摂取した大人は胴体のメラノーマリスクが73パーセント高いが、頭部、首や四肢にメラノーマに発展する確率はたった2パーセントしかない。根本的なメカニズム解明のためさらなる調査が保証されている。

Findings support recommendations to limit alcohol intake

Cho says the team was surprised that only white wine could be independently associated with greater melanoma risk, and further research is required to pinpoint precisely why this might be.

研究結果はアルコール制限奨励をサポートする

チョーは言う、白ワインだけがメラノーマリスクを上げるとは我々は驚いた。そして何故こういう結果になるのかさらなる調査が必要だ。と。

However, she points to previous studies that have shown some wines have higher   pre-existing levels of a chemical called acetaldehyde, which is known to damage DNA. In relation to red wine, she says the beverage contains a number of antioxidants that might counteract the harmful effects of acetaldehyde.

しかしながら、DNAを損傷させるとして知られているアセトアルデヒドのレベルが既存のものよりも高いワインがいくつかあると発表した前回の研究について彼女は指摘している。赤ワインに関して、この飲み物にはアセトアルデヒドの攻撃をおさえている可能性のある多くの抗酸化物質が含まれている。

Overall, the researchers say their findings indicate melanoma should be included in the list of cancers related to alcohol consumption.

全体として、研究者らはこの研究結果によって、メラノーマがアルコール消費関係のガンのリストに含まれるだろうと言っている。

Additionally, the team says the results support guidelines from the American Cancer Society, which recommend limiting alcohol intake to a maximum of two drinks daily for men and one for women.

加えて、この結果がアメリカガン協会からのガイドライン”お酒は毎日2本まで”を支援するといっている。

Individuals who already have a greater risk of melanoma should be particularly cautious, the authors note.

メラノーマリスクをすでに抱えている者は特に気を付けてほしい、著者からのメッセージだ。

"The clinical and biological significance of these findings remains to be determined, but for motivated individuals with other strong risk factors for melanoma,  counseling regarding alcohol use may be an appropriate risk-reduction strategy to reduce risks of melanoma as well as other cancers."

これらの発見の臨床的かつ生物学的意味は依然として決定的だが、メラノーマにおける他の強いリスク要因がある者たちにとっては、アルコール使用のカウンセリングがほかのガンリスク減少と同様にメラノーマリスク抑制に適切な戦略である。




 

ということで、白ワインはメラノーマのリスクを上げてしまうことがわかりました。

他の酒類はそこまでメラノーマのリスクを大きく変えるほどでもないのに

なぜ白ワインだけこうなるのかは、これからさらなる調査が必要で...

 

じゃあ赤ワインも危ないのかな?というと、

赤ワインにはミネラル、ポリフェノール、ビタミンが多く含まれているためです。

ポリフェノールは抗がん作用があるのでワインを飲むことによってガンを防げるという

なんとも今回訳した記事と反対の事実があります。

飲むなら赤ワインの方がおすすめ??いーや用法用量を考えて好きなものを飲みます

 

ちなみに世界一高い赤ワインはロマネコンティ1945で

アメリカ人が1030万円で落札していました。

 
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply