中国のICO禁止の動きは一時的なもの、ライセンス導入予定

author photo

Bycure32

キャプチャ


China Ban on ICO is Temporary, Licensing to be Introduced: Official


中国のICO禁止の動きは一時的なもの、ライセンス導入予定:公式


国営放送テレビCCTV-13でのインタビュー中、
中国政府後援学術研究組織、財務・金融機関の研究者Hu Bing氏は、
政府によるICO禁止は一時的なだけのものであると発言した。


中国社会科学院と財務・金融研究所は、中国の首席行政当局である中華人民共和国国務院と提携している。
財務・金融研究所とその研究者らは政府機関及び政府関係者とみなされている。



今だけ


Box Miningによって訳されたCCTVと彼のインタビュー内で、
Bing氏はICO停止と、ICOを違法資金調達方法と政府がみなした事については
地元金融規制当局がICO投資者、企画者にむけて必要な規制枠組み及び政策がきまるまでの一時的なものだ、
と説明した。


さらに重要なことは、
中国暗号通貨コミュニティーには政府がICOを”禁止”したのではなく、”一時停止”したという事を理解してほしい、
そして政府は近い将来のICO再開の意向を示している、とBing氏は強調している。
他にも、中国政府、財政当局はライセンスを通してコントロールされた環境でのICO活動の許可を現在検討しているところである。


本質的に、もし政府がICO市場を合法化・規制を決定した場合、
ライセンスはニューヨークの企業に政府発行のライセンスを取得することを求めている
ニューヨーク州金融サービス局(NYSDF)のBitLicenseと同じように構築されるはずだ。



アメリカの舞台を離れる



NYSDF とBitLicenseによる非実用的な政策のせいで、ニューヨークで活動する多くのスタートアップ企業が州を離れている。

特に、暗号通貨取引所として幅広く利用されているShapeShift,のような大規模のスタートアップ企業は
資金洗浄防止のための厳しいニューヨーク州の政策やKYC規制を理由に州を去っている。


しかし、CoinbaseやBitstamp含む5社はニューヨークで営業を続けており、
営業維持のライセンス費用$100,000ドルを支払っている。


この先数か月に、ICOのライセンス運動が中国で起こる可能性がある。
これは市場を再構築し、合法的なICOプロジェクトや合法ブロックチェーン新興企業のトークンセールやファンドレイジングを一般公開をするための試みだ。


中国政府がたくさんの新興・革新的技術を禁止してきた歴史をもっていることを考えておくことは重要だ。

たとえば、2013年。
中国政府と規制当局は2度別々のタイミングにビットコインを禁止している。

PBocはビットコイン取引・トレード活動を禁止するための活動を行ってきた。
しかし、トレードが単純に店頭市場に動いたため、規制することが困難となった。
そしてPBoCと規制当局はビットコイン合法化・規制を固めた。



シンガポールは楽観的


似たような状況が様々なICO市場で起こる可能性がある。

もしICOやブロックチェーンスタートアップ企業が香港、シンガポールや日本といったICOに前向きな見解を示している国々に
移動した場合、中国政府によるICO禁止は中国内のブロックチェーン業界を傷つけるだけになる。
スポンサーサイト
Share

Comments 0

Leave a reply