FC2ブログ

ブロックチェーンが不動産業界をどのように変えるのか

author photo

Bycure32

キャプチャ


How Blockchain Technology Will Radically Change Real Estate

ブロックチェーンが不動産業界をどのように変えるのか

各国の不動産業者は共通して、ローレベルの技術的ソリューションと契約書類管理の難しさに悩んでいる。

業界は急激な技術変化の時を待っている。そしてこの変化は短期的に起こらなければならない。



変化の最初のサインはローレベルp2pコネクションを許可し、
ユーザーに選択の自由を与えるシステムのAirbnbのようなp2pモデルの突然の”爆発”だ。

しかしそれなりの大きさのAirbnbが不動産市場217兆ドルという規模の中ではまだ小さな爆発程度でしかないのだ。
たしかに、爆発規模としては大きいが、新たな爆発がほしい。



ATLANTは不動産取引の方法を変える新たなブロックチェーン技術プラットフォームだ。
このp2pモデルは優れたアイディアで、従来のモデルは大衆が本当に求めているレベルに達していないと同社は考えている。

ATLANTは顧客が会社管理の元ではなく、自由に不動産を売買、賃貸できる分権型不動産プラットフォームを創り出している。




オーナーが顧客と直接やり取りができるようになる

ATLANTは現在のp2pレンタルハブをそれぞれの企業でより良くするための、新しいプラットフォームを創造している。
分散型システムの力は企業ハブを消滅させ、テクノロジーを通して、賃貸契約を顧客と直接結ぶことが出来るようになるのだ。



ATLANTは不動産を求める人がオーナーから直接レンタルできる建物を見つけられるようにし、
このシステム上で賃貸契約を結ぶことを可能にしたプラットフォームを創った。

複雑な企業インフラなし、顧客はコストをかなり下げることが可能に、そして借主と貸主両者ともにWin-Winの関係になる。
このプラットフォームは地理的境界なしに管理されているレンタル方法を崩壊させるように準備されている。



ATLANTのICOは9月7日に始まり、10月7日に終わる。
プラットフォーム上での取引の決済に利用されるATLと呼ばれるATLANTトークンを購入することが可能だ。
投資者はトークン販売の最初の10%内に参加した場合、最大19%のボーナスを獲得できる。




市場をトークン化する

資産を売ることは,借りるよりも複雑な過程があるのは明白だ。

オーナーは特に価値の大きい建物を売りたいといつでも思っているが、そのためには
上場サービスに登録し、宣伝し、買い手が現れるまで待たなければならない。
セール後の移転プロセスもまた、長い時間と費用が必要になる。



ATLANTはオーナーが所有する資産をトークン化し効率的に株式売買、
資産清算する行為が出来るプラットフォームを構築している。
トークンで得た収入をフィアットマネーに変換することが可能で、購入者は資産をパーセント単位で所有できる。



ブローカー、預託、クロージングのコストは事実上排除される。
処理は早く・簡単に、そして移送は従来何か月もかかっていたのが数日以内で完了する。

ATLANTの優れた技術的資源はICO以上の、不動産をスムーズに交換する画期的な市場だ。
スポンサード記事を翻訳





賃貸コストを下げる
取引がスムーズになる
資産をトークン化する
フィアットマネーに変換できる
賃貸を%で買うことが出来る
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply