FC2ブログ

中国のビットコイントレーダーたちが日本へ移動する理由とは

author photo

Bycure32

migrate.jpg



Why Bitcoin Traders are Moving From China to Japan; Better Regulations

ビットコイントレーダーたちが中国から日本へ移動する理由は:良い規制にあり

投稿者Joseph Young 2017年9月21日 21時10分


寄稿者Joseph Youngについて
Joseph Youngは香港を拠点とする金融、技術ジャーナリスト。
技術、金融業界の大手メディア/通信社と仕事をし、
独自のコンテンツ、インタビュー、知見そして暗号通貨や革新的で未来感のある技術の分析を提供している。




中国中のビットコイン取引所の禁止からまだ2週間も経っていないが、
ビットコイントレーダーたちは既に中国市場から日本へ移っている。



中国市場の取引75%を占める2大ビットコイン取引所OKCoin と Huobiは
金融規制当局から10月末まで営業できる余裕を与えられた。

つまり、中国のトレーダーたちはアカウント閉鎖まで最低でも1か月の猶予があり、
資金移動やほかのビットコイントレード方法を模索する時間があるという事だ。



しかし、ほぼすぐに中国の大手取引所はこの先数週間のうちに操業を停止すると発表したため、
中国のトレーダーたちはアジア近隣市場の日本と韓国に移動した。



中国取引所の全国的な禁止賦課の前までは、
中国ビットコイン取引市場は世界のビットコイン取引の10%~13%を占めていた

キャプチャ1



禁止報道時、韓国はビットコイン取引ボリュームにおいて中国市場を追い抜き、
世界の暗号通貨分野内で3番目に大きいビットコイン取引市場となって強大に進化した。



今日、この4週間での中国取引市場のビットコイン取引量は世界の5%未満で、
もはや活発な取引活動は無い。



中国のビットコイン取引所弾圧の短期的な影響にも関わらず、初期の億万長者の投資家Tim Draper含む多くの専門家は
世界的なビットコイン取引市場から中国市場が撤退することは良い出来事であると捉えている。

理由は中国政府がビットコイン市場を潜在的に操作、
またはビットコインの価値や時価総額を下げるために活用する方法がないとみているからである。



本質的に、中国政府は中国全土のビットコイントレードプラットフォーム禁止を課す最後の切り札を使い、
世界のビットコイン市場に対するレバレッジを消費尽くした。

これは肯定的な先例とビットコインの価値の発展、そしてビットコイン市場の長期的な安定を提供するものとなる。
数か月したら、ビットコイン市場は安定性と流通増加を実証するだろう。



億万長者Draperの声明:
”ビットコインエコシステムにおける無用の長物は去り、我々の暗号通貨の信念は報われるだろう。”



さらに重要なことに、
中国の取引量が(ビットコイン投資家/事業者にとって)最も実用的かつ効率的な規制枠組みを持つ日本と韓国に移動するのは、
国際的なビットコイン市場の長期的な安定性において有益なのだ。

今年前半、日本政府はビットコインの2重課税を完全排除しビットコインを決済方法として合法化した。



デトロイト年間税務報告書より:
”仮想通貨の供給は日本の消費税(JCT)から免除される。
現在ビットコインのような仮想通貨は免税カテゴリに落ち込んでおらず、その結果として、
日本の仮想通貨販売はJCTの目的のため課税対象として扱われている。

新たに定義された”仮想通貨”を決済方法として認めた2016年5月の改正資金決済法制定に続き、
資金決済法下で定義された仮想通貨販売がJCTから免除される予定だ。
この変更は2017年7月1日以降に日本で行われたセールスや購入取引に適用される。”




結果的に大規規模のうん十億ドルの技術や金融大企業が日本ビットコイン取引市場、業界に現れることとなった。

日本の主要なテクノロジー企業GMOは機関投資家のための取引プラットフォームを開始し、
ビットコインASICマイナーやその他マイニング機器の製造ラインを設立した。



今後数か月に、日本や韓国で増加する機関投資家やリテールトレーダーらがビットコインの価格を過去最大に上げていくだろう。
ビットコイン取引量や時価総額は以前よりも高くなる見込みだ。
理由は世界的なビットコイン市場が回復し、そしてビットコイン取引市場の不安定さに終わりが来るからだ。



スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply