FC2ブログ

マレーシアのビットコイン合法化は何百万もの新規ユーザーをもたらす?

author photo

Bycure32

キャプチャ


How Malaysia’s Legalization of Bitcoin Could Bring Millions of New Users


マレーシアビットコイン合法化は何百万もの新規ユーザーをもたらす?
寄稿者Joseph Young 2017年9月24日


今週初め、Cryptocoinsnewsはマレーシア政府と金融規制当局が
マレーシアビットコイン業界の規制及び国内デジタル通貨使用合法化の準備を進めていると報道した。



セントラルバンク関係者である、
マレーシア国立銀行(BNM)Muhammad bin Ibrahim総裁は以下を述べている。



”年末までに、
BNMはマネーロンダリング防止やテロリスト資金活動対策に力を入れた暗号通貨のガイドラインを用意する。
我々は暗号通貨分野に関わりたいと思っている者のために、クリアガイドラインを確保したいと考えている。”




何故マレーシアビットコイン合法化のポテンシャルが重大なのか

長年、マレーシア政府とマレーシアセントラルバンクは
厳しい資本管理を課し、国外のマレーシアリンギット流出を制限してきた。
その結果、マレーシアの外国人労働者は海外にいる家族への送金に苦労している。



2016年後半、マレーシア政府はマレーシアリンギットのすさまじい価値暴落の打撃を受け、
短期間で、国の通貨が米ドルのような基軸通貨に対しての価値が約2%減少することとなった。

一時的な解決策として、BNMと商業銀行らは厳しい資本管理を課し、
マレーシアリンギットとデリバティブのオフショア取引を禁止した。



いくつかの数十億円規模の大きな西洋商業銀行はBNMと本国送還金融規制当局からの脅しに遭っていた。

問題の機密性の観点から匿名を希望している、とある主要な西洋銀行役員によれば、
マレーシアセントラルバンクは商業銀行に対し、資本管理と新たな規制に従うように要求していたのだ。

BNMは他にもそれら銀行に向かって、新しい規制枠組みに従わない場合、
セントラルバンクは商業銀行が運用資金などをマレーシア外に移動する行為を許可しないと伝えているようだ。



”現在、商業銀行とマレーシア国立銀行間で激しい議論が繰り広げられている。
これは間接的な資産管理の一種である...私は人々が雪崩のようにマレーシアから去っているのを見ている。”

と本国にて外貨を扱う外資銀行はインタビューでロイター通信に語った。



その時から、過去10か月、
商業銀行と送金サービスプロバイダ両者は厳しい資本管理と非効率な規制の対象になっている。
その裏で外国人労働者は給料を安全かつ低コストで家族のいる国まで送る方法探しに奮闘中だ。



マレーシアのビットコイン合法化によって
新たな金融送金システムを国外にお金を移動する外国人労働者や海外投資家にもたらすことが可能となる。

既に、Nasperを含むベンチャーキャピタルから1900万ドルの資金を確保した、
Coins.phのような主要なビットコイン送金サービス事業者や仲介業者はマレーシアに事業進出している。



ビットコインの分権化されたネットワークを通して、
外国人労働者は家族にお金を送り返すことが出来る。

フィリピン、タイ、ベトナム、日本そして韓国を含むアジア諸国は、
確立されよく規制されたビットコイン市場に進化している。




東南アジアでは送金方法としてビットコインの使用が増えている

フィリピンのような国々では、多くの労働者や外国人社員がビットコインプラットフォームを利用し送金を行っている。
操業2年以内に、Coins.phは同プロジェクトのプラットフォームを利用して送金、
公共料金決済、商品やビットコイン購入をする何百万ものユーザーを獲得した。



フィリピンビットコインスタートアップ企業は指数関数的に成長したが、
その理由はフィリピン政府による送金ネットワークとしてビットコインの合法化を進めたからだ。

2月にフィリピン中央銀行はこれを発表した。

”Bangko Sentralはビットコインのような仮想通貨を通貨として保証するつもりはない。
理由は仮想通貨はセントラルバンクによる発行や保証、なんらかの商品による支えも不要であるからだ。

むしろ、BSPはアンチマネーロンダリング(AML)そしてテロ資金供与対策(CFT)、消費者保護、
そして財政安定に影響を与える決済や送金サービスに仮想通貨が使われる場合に規制することを狙っている。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply