FC2ブログ

デジタル通貨パイロット:ウルグアイ中央銀行が紙幣をデジタル変換中

author photo

Bycure32

キャプチャ
(featured image from http://www.alandchucktravelblog.com/?tag=uruguay)

Digital Currency Pilot: Uruguayan Central Bank is Converting Physical Cash


デジタル通貨パイロット:ウルグアイ中央銀行が物理紙幣を変換中
2017年9月26日 Samburaj Das寄稿

★09/23のウルグアイ自国通貨記事はこちら←
ウルグアイ中央銀行は自国デジタル通貨研究開発国の仲間入りを果たした。



ウルグアイ中央銀行、Banco Central del Uruguay(BDC)は
自国デジタル通貨開発創造を探求する機関の務めの1つのとして、ペソのデジタル化に取り組んでいる。

これについての詳細はほとんどない一方で、
Latin American Herald TribuneによればBCU総裁Mario Bergara氏が
デジタル通貨は紙幣と同じ価値を持つようになると明らかにした。



Mario Bergara氏はBCU主催の‘The Future of Money and Financial Systems’ と呼ばれるイベントの会見で
同銀行がモバイルアプリでの電子通貨導入に尽力していることを明かしたとき、
”紙幣を入れて革の財布を持ち運ぶことと取って代わるのだ”と話している。



同メディアの報道の引用、Bergara氏の陳述:
”物理紙幣を電子通貨に変換する試験、
BCUパイロットプログラムが開始されるまで秒読みだ”




公式は他にも
デジタル通貨パイロットは基本的にモバイルアプリを使用した個人間の送金を扱うことを裏付けた。

中央銀行総裁のコメントはデジタル通貨を使用した未来社会の必然性を強調するものとして注目に値する。
総裁はデジタルペソが”通常のペソと同じ健全性”を持つことを要求している。
その一方で、”遅かれ早かれ、ウルグアイで実施される”と付け加えた。




さらに当局者はまた
”物流と技術”詳細のソートが必要な作業の多くは既に行われたと主張した。
(ここはかなり意訳しました。ここだけ正直よくわからなかった箇所)

世界中の中央銀行が行っているデジタル通貨研究開発の多くの取り組みは、
ビットコインの核としてよく知られている同じ分散型イノベーション、ブロックチェーン技術が中心だ。

中国中央銀行はまだ未知なブロックチェーンを使った開発、実験をすでに今年初めに完了している。

今年6月、シンガポール中央銀行は
プライベートイーサリアムブロックチェーン上で発行されたデジタルシンガポールドル実験の詳細を明らかにした。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply