FC2ブログ

全ての人々のためのブロックチェーンAIドクターとは

author photo

Bycure32

NRN.png


A Blockchain AI Doctor for Every Person

全ての人々のためのブロックチェーンAIドクター!
(スポンサード記事です)


ブロックチェーン、ディープマシーンラーニングという2つの革命的かつ画期的な技術を通じて、
Doc.aiは人々のスマホにAIの医学知識をもたらすことを望んでいる。



国際的にみて医療業界は巨大であるが、
未だに患者は効率的に利用することが出来ていない。

だがしかし、Doc.aiプラットフォームを通して、
ユーザーがAIと自然な会話で個人に合わせた健康問題を話せるようになると、開発者らは信じている。



"我々が望むのは、
このプラットホームが医者と置き換わることではなく、より良いバージョンに置き換えることだ。
そして我々と同じように医者達も自分のレベルアップをしたいと考えていることを知った。"


とDoc.aiの創設者兼CEOのWalter De Brouwer氏は語る。



収集されるデータセットはブロックチェーン上で監査可能で、
AIが個人に合わせたニーズや要求を学習するためのサポートもできるようになる。




ブロックチェーン技術とAIの登場

世界中の患者のニーズに対して医者が少ない医療現場を完全網羅することができる。



WHOによると、700万人の外科医、ナース、て医療従事者が世界で不足しており、
この隔たりは増え続けている。



AIの導入により、このような不足状態は緩和することが出来る。
そしてブロックチェーン上にこのモデルを配置することで、2つの技術がこの問題は解決できる。



Doc.aiチームはブロックチェーンとディープラーニングの2つの技術を合わせることで、
ユーザーはAIに医療に関する質問して個人にあったアドバイスを貰うことが出来ると信じている。



ブロックチェーン上にデータコレクションとして蓄積されるこれらのレスポンスを介して、
機械学習に大量のソリューション情報セットを与える。



"我々は医師、患者、そして医療機関がこの技術を利用することを想定している。"
とCEOはコメントした。



本質的に、世界中の人々によるブロックチェーン上のデータセット座標は
症状のパターンや集まりを見つけるためにAIがアクセスできるようになっている。



DOC.aiテクノロジーは、個人データを元に識見を深めるために分権化された、
エッジラーニングネットワークを使うように設計されている。




報酬のための学習

ニューロンネットワーク内で、
ユーザーはスマートフォンのようなエッジデバイスに知識を習得させるトレーニングのためのトークンを与えられる。



グローバルニューロンネットワークに追加データを提供することはトークン増加をもたらすが、
さらにパターンや、クレームを見つけようとするデータサイエンティストの競争もうまれる。



最初のユーザーはユニフォームデータ収集に導かれ、
行動変化につながる、実行可能な洞察を提供するためにそれらのデータをデータサイエンティストが採掘する。
Doc.aiによれば、 医療データサイエンスの未来とは行動変化である。




医療の世界を切り開く

同プロジェクトは、
このプラットホームが今まで治療を受けられなかった数百万人に医療をもたらすことができると信じている。



このプラットフォームは慢性疾患患者にとっての世界を変えるポテンシャルがある。

時間やコストがかかる人間の医者を最初のポイントで利用する必要は無くなる。

患者らはシンプルにパーソナライズされ計算された回答を参照し、
スマホドクターのためのトリアージキューを作成するだけ。
(トリアージキューとは、重症度判定の列のこと)




投資家たち

Pantera CapitalとAnthony Di Iorioは初期投資家の一人で
Joey KrugはPanteraのCo-CIOは同社の顧問。

Anthony Di Iorioはこのプロジェクトのポテンシャルを特に理解しており、
”doc.aiの持つ技術の世界中の人々への可能性、NRNトークンのもつ潜在的な影響力に感動”
とコメントしている。



読みやすくしなおす予定です。
スポンサーサイト



Tag
NRN
Share

Comments 0

Leave a reply