FC2ブログ

EROSCOINプラットフォーム:複合暗号通貨決済ゲートウェイICO

author photo

Bycure32

キャプチャ


EROSCOIN Platform: Multicryptocurrency Payment Gateway ICO

プレスリリース記事翻訳です。


ビットコインプレスリリース:
EROSCOINが国際取引をより簡単にし、世界の金融システム効率化へ貢献。



2017/09/27、オーストラリア、シドニー
- EROSCOINとは、ブロックチェーン上の決済システムに権限を与え、強化するプラットフォームです。
この度のICOの発表が出来ることをうれしく思っています。



このICOは、P2Pと value-of-transferプロトコルを活用した国際決済問題を解決するための
革新的なブロックチェーン開発のために行われます。



ブロックチェーンを基にしたエコシステムを利用することで、決済は分権化され、
従来のオンライン決済ゲートウェイが持つ問題解決、トランザクションスピード改善につながります。

ブロックチェーンはプライバシーの確保、セキュリティ強化、そしてサプライヤー、
配布者、企業、消費者と多岐にわたる暗号通貨の国際トランザクションを
ほんの小さなコストで便利にすることが出来ます。



スマートコントラクトは他にも支払い協定の交渉や締結に使用されるでしょう。

一度契約が成立したら、スマートコントラクトは決済の正確性を立証し、
それを正しい相手方に迅速に確認できるようにします。

これによって、人間の介入なしで高度な自動化が実現できるのです。



スマートコントラクトはまた、
監査目的でも、プロセスや安全の透明性の増加のためにも利用可能です。



従来の決済では、たいてい高リスクでありながら厳しい条件が付いてきます。
国際間での決済では特にそうです。

EROSCOIN(500以上の暗号通貨対応している)のような分権化された決済ゲートウェイは、
より安全で、悪意のある攻撃に対し堅牢です。

ブロックチェーン上で一度決済が記録、確認されると、その情報を書き換えることは不可能になります。
また、トランザクションに人的要素がないためエラーや偽造を抑えられます。



EROSCOINプラットフォームはEROトークンを推薦取引暗号通貨として用いています。
同プラットフォームから配布される240万トークンの内訳はこちら

- 50%が投資者へ提供

- 20%が設立団に保持されます

- 9%がAdvisoryとEscrowに

- 10%がチャリティーに配布され

- 10%が準備金に

- 1%が賞金に充てられます



投資者はEROトークンをビットコイン決済を通じてクラウドファンド中に購入出来ます。
ICO期間中に生まれた資金はコアデベロップメントやマーケティング、コミュニティ構築活動に使われます。



プリセール中、早期投資者は最大45%のボーナスを、
次のメインICOでは最大25%のボーナスを期待できるでしょう。



EROSCOINは収入の50%を開発に、15%をマーケティングに、10%を準備資金に、
8%を作業行動に、7%を一般及び管理プロセスに、
そして5%を法的事務とコンテンツライセンスに充てる予定です(残り5%は?

同プロジェクトは、ウェブウォレット、ERO 決済ゲートウェイサンドボックス、
ERO モバイルウォレットのテストローンチに連動して

2017年の第4四半期にローンチを予定しております。
その後、同時期中にウェブウォレット最終テストが控えています。



中核となる特徴の開発及びテストは2018年前半を通して続き、
2018年第2四半期までに主要な機能が完成されます。



さらに詳しい詳細は こちらからご覧ください https://eroscoin.org/

メディア連絡先
名前:Paul H
メールアドレス: support@eroscoin.org
場所:オーストラリア シドニー

エロスコインはこのコンテンツの中心です。
仮想通貨は法定通貨ではなく、政府からの支持もありません。
そして、口座やバリュー収支は消費保護の対象外です。

当プレスリリースは情報提供目的のみです。
この情報には投資アドバイスやオファーを含んでおりません。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply