FC2ブログ

数え切れないパトロンへ、芸術世界を開く

author photo

Bycure32

キャプチャ


Opening the Art World to Countless Patrons

寄稿 Tom Clancy 2017 10/2

数え切れないパトロンへ、芸術世界を開く
Gaius Maecenasはいつかの8世紀辺りに没した裕福なローマの芸術パトロンだ。

彼は素晴らしい若い芸術家と作品を見つけては後援していくことで有名になり、
沢山の若い芸術家達の作品を世間に楽しんでもらうため、広めていった。

これが、
Maecenasに因んで名付けられた最先端のブロックチェーントークン化プラットホームのビジョンである。



トークン化とも呼ばれる事もある、
価値ある資産をより小さいフラグメントに分割する行為によって投資家の選択肢を広げる。

買い手が少ないリソースを統合し通常の価格帯を超える作品を購入する方法を、
ブロックチェーンプラットホームが実現した。



イーサリアムプラットホームで構築されている、Maecenasは芸術のトークン化のために創られた。
これらの作品は安全な場所に保管されている。
1つの例は、国際空港の近くの免税エリア内にある美しい現代的な景観のフリーポートだ。



このプラットホーム機能は"ART"と呼ばれる売買のために発行される暗号通貨を用いた取引を可能にする。
ARTはMaecenasが発行するERC20トークンである。

プラットホームを通して、Maecenasは資産をトークン化し、
このエコシステム内の全ての取引を保持するためのツールとして使用することで、
国際通貨の問題を回避する。

トークンは取引所で通常の通貨とトレードが可能だ。



トークン化セールスモデルは、
株式市場を補強するという基礎コンセプトの上に構築されている。

小口投資家はトークンを通じて、
フェースブックや、Monsanto、GEのようなより価値の高い会社の一部分を所有することができる。

Maecenasプラットホームの公式で、
芸術世界はごく少数のパトロンよる寡占ではなく大勢によってコントロールされていくだろう。




Maecenasを世界に

芸術パトロン達は芸術世界の価値が早く上昇していることを知っている。
現在の価値は650億ドルであり、
小口のパトロンがMaecenasのようなプラットホームを必要としていることを示している。



芸術投資のトークン化が、より強力な芸術市場に投資家達が参入する方法を
Maecenasを通して創り上げたのだ。



各人のポートフォリオの多様性を通した有形の安定性を求めている投資家達は、
Maecenasプラットホームでそれを見つけられるだろう。

今まではトップバイヤーのみしか手に入れられなかった資産を、
このプラットホームでその一部を所有することが可能となる。



価格上昇に伴って、投資は成長し、新しい市場が開拓される。
そして芸術の需要も平行して増加すると確信している。



Maecenasはメインストリームへの飛躍をスムーズにそして確実にするため、
既にプラットホームを創り上げている。

Maecenasプラットホームが新たな世代のパトロンを産み出していくはずだ。



最後に、同プラットホームはP2Pエコシステムを通した投資者の相互作用し、
機能することを可能にしている。

これによって従来のオークション会社に徴収される料金に制限を設けることが出来るようになった。




アートトークン

他の初期の暗号通貨開発と同じように、早くこの市場に踏み込んだ者達が莫大の富を築いてきた。



MaecenasはICO経由でアートトークンのオファーをしているので、
投資家なら参入を検討すべきだ。

1ETHあたり480ARTトークンを交換できる。



価値の保護という観点から、Maecenasは提供するトークンの最大数に制限をかけている。
Maecenasプラットホームの成功のためのテストとして、Pantera Capitalは既にARTトークンに投資をしている。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply