FC2ブログ

シンガポール、インド政府がブロックチェーンによる国境を越えた決済を画策中

author photo

Bycure32

キャプチャ




FinTech Gains: Singapore & Indian State Foresee Blockchain Cross-Border Payments

シンガポールインド政府がブロックチェーンによる国境を越えた決済を画策中

上級シンガポール中央銀行はブロックチェーン技術を、
シンガポールインドのアーンドラ・プラデーシュ州における”コラボレーションの基本形”と呼んでいる。



インドでのブロックチェーン会議の会見で、シンガポール中央銀行のマネージングディレクターRavi Menon氏
シンガポールとアーンドラプラデーシュ州間で進めているフィンテックコラボレーションの話をしながら、
ブロックチェーン技術の”キラーアプリ”として国境を越えた取引を強調した。



2016年10月、国の中央銀行であるシンガポールの金融当局と財政当局は共に
アーンドラ・プラデーシュ州とのフィンテック協力協定にサインをしている。

このパートナーシップは、デジタル決済に焦点を当てたブロックチェーンのような技術や、
インドの教育プログラムのために開発されたフィンテックベースのカリキュラムを用いた共同イノベーションプロジェクトに
スポットライトを当てたものである。



”MAS”の観点から、
我々はシンガポールで開発されたフィンテックソリューションのための市場をインドで創ることに目を向けている。”

とMASフィンテックチーフである Sopnendu Mohanty氏は語った。
”これはインド進出を目指しているシンガポールスタートアップ企業 を潜在的に支援することができる"



1年後も、この協力関係はシンガポール政府当局とインド政府間のコラボの自然なプラットホームとして
ブロックチェーン技術成長のため継続する。



ブロックチェーン技術のポテンシャルを強調する際に、MASマネージングディレクター Ravi Menon氏が発言したこと:
”我々の銀行は決済時間改善のための国境を越えた新しいモデルの業務を一緒に行うこと、
24時間体制サービスそして決済リスクを抑えることが可能だ。”




ブロックチェーンが中央銀行を破滅させる


彼のスピーチの中で、中央銀行関係者は(皮肉を知らずに)異なる管轄からの企業間取引における中央銀行の必要性を抑える、ブロックチェーンのポテンシャルについて話した。

DLT”(分散台帳技術)は国の違う企業と共同事業を行っている様々なグループ間の取引を
より安く、より早く、より安全に進めることを可能にする。



Menonは支払いや証券における清算決済時の解決策を探している、シンガポール中央銀行によるブロックチェーン探求プロジェクトUbinの進捗について説明した。

今年初めの初期段階では、
中央銀行がイーサリアムブロックチェーン上で発行したシンガポールドルのデジタルトークンは国内銀行決済に使用された。



Menonの発言続き
プロジェクトUbinのフェーズ1では、
MASを介さずにイーサリアムベースのプロトタイプ上で異なる銀行間取引を実証し、無事成功を収めた。



フェーズ2の詳細は今月初めに明かされ、
銀行間決済清算のための3種の新しいブロックチェーンプロトタイプが発見された。

シンガポール銀行はほかに、
国境なき決済のために他の銀行のブロックチェーンに働くことができるプロジェクトUbinの研究に当たっていた。



結論としてMenonが加えた言葉
これはアンドーラプラデーシュ州とシンガポールにおける
DLTコラボレーションやさらなるフィンテックコラボレーションの機会である!



翻訳していたものの、風邪ひいてからアップしてませんでした^^すみません
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply