FC2ブログ

プーチン大統領、ICO、暗号通貨規制の枠組みを承認

author photo

Bycure32

russiaa.png



Putin Approves Framework for ICO, Cryptocurrency Regulation


プーチン大統領、ICO、暗号通貨規制の枠組みを承認
ロシアの大統領 Vladimir Putinが、
ICOと暗号通貨マイニング業の規制を可能にする枠組みのための計画表を個人的に承認したことが分かった。




プーチン、ICO規制の議会を命ずる

今週発行された公式文書Kremlinによると、
プーチンは国内における暗号通貨使用規制のためのいくつかの号令にサインをした。

注目すべきことは、既存の証券規制法に沿ったICO規制草案を
ロシアの Dmitry Medvedev 首相と 中央銀行チーフElvira Nabiullinaが実行するという指令が下されたことである。



Medvedevは他にも2以上の大きな任務を任されている。
一つはロシアのマイニング操業に政府の登録及びそれらの運営から獲得した収入に税金を課すため適切な手続きの実施だ。

もう一つはロシア連邦で唯一の法定通貨であるルーブルの義務に基づいて、
この金融圏で使用される暗号通貨法的ステータスを決定することである。

いずれの指令も2018年7月1日までに完了させなければならない。




”クリプトルーブル”のための下準備

二つ目の命令は”クリプトルーブル”のローンチのための準備である可能性が否定できない。
EAEUメンバーが先手を打つ前にクリプトルーブルをリリースすることを政府は熱望していると、
関係者が述べたことをロシアメディアが引用している。

EAEUメンバーのKazakhstanは例えば最近では国の暗号通貨適合実験を開始すると発表している。

クリプトルーブルに関する詳細はいまだ霧に包まれているが、
政府はフィアットマネーでクリプトルーブルをトレードする個人、団体に対して13%の税を課すと報じる予定である。
しかしそのコインが合法に入手されたかは実証できないのである。

批評家はこの政策に対して、
もし実行すれば政府は資金洗浄やその他金融犯罪から利益を得る事が可能になる、と意義を唱えている。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply