FC2ブログ

”まもなく使える” イラン、ビットコイン採決の地盤を固める

author photo

Bycure32

iran.png


“As Soon as Possible”: Iran Lays Groundwork for Bitcoin Adoption


”まもなく使える” イランビットコイン採決の地盤を固める
イラン政府は暗号通貨を国の法定通貨とするためのインフラを整えていることが報じられた。



10月の終わりに行われた新聞Shargh のインタビューにて、イラン情報省(ICT) Amir Hossein Davaee大臣は
ビットコインを通貨として採用する準備に集中的に力を注いでいることを明かした。


翻訳されたIran Front PageからのICT大臣の陳述の引用:
”情報省はビットコインを国内で使用するためのインフラ準備の一環として、既に多くの研究を実施している。”



イラン政府は特に暗号通貨のもつ潜在的な固有性の経済的なインフラの側面について強調した。
デジタルインフラを採用することはイランの一般的な利益を助ける、と発言があった。



大臣はビットコインのような暗号通貨を用立てるための現在のデジタルインフラ改革は省の中核目的であると付け加えた。

イランの技術開発を進めるメインセンターとして、
我々は新しい通貨のためのインフラ準備問題について真剣に取り組んできた。”




イランは過去に経済制裁によって引き起こされた経済渋滞に苦しんでいたことがあり、
ドルと自国通貨を中心とした経済システムより先行するため現在は暗号通貨のような新しい金融技術に目を向けている。

2012年には、SWIFTという国際決済レールがイランをその国際銀行ネットワークから外し、
イランの銀行システムを世界経済から断絶した。
この衝撃はビットコインを介してビジネスのエンゲージをしている国内の企業にも届いた。



イランの銀行は Tehran に課せられた経済制裁、
そして2016年1月の前アメリカ大統領オバマとの核取引後、昨年SWIFTと再びつながることができた。



この核取引はトランプ現米大統領によって最近否定された。



ICT大臣の発言:
インフラをできるだけ早くまとめるため、関係機関との間で手配されている



デジタルインフラを暗号通貨に入れる改革に関するイランの研究は
カタルーニャの独自暗号通貨採用と重なった。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply