FC2ブログ

コインファームとトークンマーケットが手を組み、ICOやトークン資金洗浄対策強化へ

author photo

Bycure32

isekai.png



Coinfirm Partners with TokenMarket to Bring Effective Anti-Money Laundering Process to ICOs


ロンドン、2017年11月16日-
コインファームとトークンマーケットがAMLに効果的なコラボをブロックチェーン分野とICOにもたらしました。



資金調達活動における規制やエンド向けサービスの深刻な不足な状況の中、
フィンテック技術界隈ではトークンセールの話題で持ち切りです。
34憶ドルが今年トークンセールで調達され、ビジネスはAML実施の採択を通じた自己規制のニーズを求めています。



この課題へのさらなる対応のため、
管轄はトークンセールのプロセスに対する様々な定義の変化や規制基準を採択しています。
今、コインファームとトークンマーケットがトークンセールのための高水準規制コンプライアンスを
確実なものにする事により、時代を先取りするために必要なステップを踏んでいます。



コインファームという、ブロックチェーンレグテックとコンプライアンスのリーディングカンパニーは
世界中のブロックチェーンと伝統業界事業者に対し Coinfirm AML/CTF Platformを通したコンプライアンスサービスを
提供しています。

最近では同企業はイーサリアム及び関係トークンとICOのための合理化、
自動化されたAML/CTFソリューションの導入をしたことを発表しました。



ICOのためのプレミアプラットホームとして、
トークンマーケットはすべてのトークンエコシステムに係る基準を上げるというコミットメントの元、
フルトークンアドバイザリサービスを提供しています。

トークンマーケットはKYC、AMLを理解し、必要に応じてコインファームのような
ソリューションを採用するために強力な法的アドバイスを求めるトークンセール運営者のニーズを促進しています。



”我々は現在トークンセールに前例のない程の関心を寄せています。
そして大ブロックチェーン企業のビジネススケールアップに協力することにわくわくしております。
これが規制に関する最新かつ最高の技術や情報を我々のクライアントにアドバイスをする責任にもなっています。

コインファームは規制当局の最高峰です。
名のある大企業と協力関係になれることをとてもうれしく思っており、
トークンセールの未来のセーフガードへの取り組みが待ち遠しいです”

と、トークンマーケットCEO Ransu Salovaaraは発言しています。



コインファームCEO Pawel Kuskowskiは他にもパートナーシップの重要性の期待について以下のように説明しています。
”我々がブロックチェーンのレグテックとコンプライアンスを代表している一方で、
トークンマーケットはトークンセール環境の基準の象徴となっています。

この2大企業なしでは、
この革命的なプロセスに対して商業適合における規制コンプライアンスの質問はグレーなままで、
その潜在能力を伝統市場で失うことになります。

我々は安全面、信頼性、そしてこのプロセスの成長のサポートをするためにいます。”



コインファームとは
コインファームは機関として、ブロックチェーンの安全な採用と使用のためのサービスを提供しています。

影響力を持つあらゆるブロックチェーン、レグテック企業の中でその分野のリーダーとして認知されており、
コインファームAML/CTFプラットホームは独自のアルゴリズムとビッグデータ分析を用いて効率性が増加する
構築された実行可能データを提供し、コスト削減、そしてより自動化に近いコンプライアンスに合理化します。

加えて、同社はTrudatumのようなブロックチェーン用のソリューションを開発しており、
現在は複数の金融機関による運転テストが行われております。

コインファームはほかにも、
他のトークン評価や金融システムの分散化の手助けのために市場参加者へAMLTトークンをリリースしました。



トークンマーケットについて
トークンマーケットは完全ICOアドバイスサービスを、
いくつかのスタートアップと共にブロックチェーン業界にて取り組んでいます。
ジブラルタルに本社を置くこの企業は、storj含む20種類を超えるトークンセールに関わってきました。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply