FC2ブログ

ビットコインの時価総額が3.2兆ドルになる可能性が、その時1BTCあたりの価値は...

author photo

Bycure32

hutago.png


Winklevoss兄弟、
長期的視点でビットコイン市場時価総額は兆を超えると予測


Winklevoss Twins Expect Bitcoin Market Cap to Surpass Trillions in Long-Term

ある界隈で有名な双子が言うには、
ビットコインの市場評価額が来る数年に何兆ドルをも超えるという。




兄弟の予測の根底について

キャメロン・ウィンクルボスはビットコインが金と比較して
透明性、分裂性、金銭需給といったあらゆる点で、
価値保存機能が桁違いに優れている事をCNBCのインタビューにて説明した。



”我々はビットコインを黄金バージョン2.0という風に感じている。

ビットコインが金を凌駕する。
金は母数が少ない。その点をビットコインは克服した。
ビットコインはより持ち運びやすく、より分けやすい”



ビットコインは既に3000憶ドル規模の評価額を保っているので
金6兆ドル市場を荒らし続けることが長期的に見て可能なら、
短い期間で1兆ドルを記録すると言った。



ビットコインは分散化価値保存機能で、急速に国際金融業界を変化させている。

もしビットコイン市場が今後数年にわたって成長を保ち続けられるなら、
金市場とオフショア銀行業界にまで波が届くだろう。この二つの業界合計時価総額は40兆ドル近く。



"ビットコインは他の通貨と争っていない。競争相手はただ一つ、ゴールドだ。
ビットコインは最も古く、先駆けというアドバンテージを持っており、すさまじい流動性がある。”





オフショア銀行口座には32兆ドル眠っている

2015年に行われた資産保護プランナーの調査によれば、オフショア銀行口座には32兆ドルもの預金残高がある。


ーーーーもう要点をまとめます。
ビットコインは兆ドル規模になる可能性が十分にある。
理由)ビットコインは価値の保存機能が金やオフショア銀行口座に比べて上だから。

ビットコインの本質は価値保存機能とみると、競合は金やオフショア銀行になる。

・オフショア銀行の利点
税金回避はできないが、プライバシー、口座の機密性は保証されている。
・問題点
政府による口座凍結のおそれがある

・金の利点はふれられてないので問題点
数が少ない、動かしづらい


二つの強豪であり競合の問題点を解決し、利点を軽々と凌駕するのが
ビットコイン。

ビットコインは2100万枚、動かしやすい、流動性がある、機密性も保てる
政府による口座凍結もない



人間より良い機能のほうに乗り換えたいと思うから
この二つの市場のプレーヤー(資産家)たちが乗り換えてくる可能性は大いにある。

その市場の10パーセントでも流れてきたら
ビットコインの時価総額は3.2兆ドルになって、

ビットコイン一枚当たりが10万ドルを軽々と超える



こういうことになります。
このロジック確かにありそうですね。こわひ(´・ω・`)


ニュース記事の並びが最近BTCよりBCHが多くなり
これからだんだんBTCがその玉座を脅かされていく(機能的な面からも)
と思いますが、まだまだ先物取引とかでもじかんかかりそうですねえ。

例え機能がよくっても人間腰が重いです。乗り換えに時間がかかります。



ビットコインに関する記事を読むとき、
ビットコイン(BCH)として脳内変換して読むと結構しっくりきたりするこのごろ
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply