FC2ブログ

EDG イーサリアムカジノ開始!今月24日に追加発表もあり

author photo

Bycure32

EDG GAME

Edgeless イーサリアムカジノ公開されました!
本当はもう数日早い公開を予定していたんですが、イーサリアムのトランザクション問題でちょっと伸びたようですね。


カジノバージョン0.2の特徴
・EDGの引き出し/預金機能開始

・ステートチャンネルが始動
―ブロックチェーンの確認時間改善と、透明性のある高いRNG生成スピードをユーザーに提供するため

・パスワードリセット機能追加
セキュリティクエッションを用いたパスワードリセット機能が使えるようになりました。


カジノのリミットについて
・最低デポジット:50 EDG
・最高デポジット:150 EDG

・1回あたりの最低ベット:0.2 EDG
・1回のあたりの最高ベット:5 EDG (いまだと日本円にして1000円くらい)


預金、引き出しスピードについて
通常、引出/預金は最低5-20分で完了します。

※イーサリアムブロックチェーン上でEdgelessは構築されているため、
実際の取引時間は現在のブロックチェーン取引速度に依存します。

ですので、即座に取引が反映されないこともありますが、ご安心ください。


ゲームコスト(gas)と速度について
ステートチャンネル技術をカジノコードにプログラミングすることに成功しました。
(ステートチャンネル技術とは?こちら”今度なんとなく訳しときます”)

これは、ブロックチェーンが一度のやり取りで一度だけgasをチャージするという意味になります。
(意味が分かりません)
⇒仕事量が増えたらその分コストも増えます。そのコストを抑えるための策です。

プレーヤー達がログインして、130人がプレイするとします。
この時、このゲーム1プレイのコストはgasを130人で分割した価格になります。

コストは他のあらゆるブロックチェーンサービスと比較して、
とんでもないくらい低い(安い)です。


加えて、EDGのRNGは毎回のゲーム時に1ミリ秒以下で生成されるの点が
他の中央管理型のカジノとの差別化のポイントです。


透明性について
EdglessのRNG はシードとゲーム情報をイーサリアムブロックチェーンにアップロードします。
ユーザーはこの情報を” etherscan.io ”を使って検証/確することができます。

Etherescan APIはEdgelessスマートコントラクトに直接リンクしています。

etherscan によるストリング生成例↓
{“jsonrpc”:”2.0",”id”:1,”result”:”0x0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001"}


これによってEdgelessのシードとゲームの収益は
ブロックチェーン上にアップロードされる情報と一致するため、
プレーヤーとゲーム間の信用がみえるようになります。

これで、情報の齟齬や疑わしい動きを検出することが可能です。


追加コメント
このバージョン公開で多くのユーザーを獲得できるようになります。
複雑なcrypto UXのため、多くの方がアーリーアダプターとなるでしょう。

多くの方のテストプレイによる感想や改善のご提案がこのプロジェクトを正しい方向へ導きます。


我々の最優先事項はうXの改善です。毎回アップデートして劇的に改善していきます。
そして。。。。おおっと、もうひとつ。

Sneak Peak:
1月24日に重大な発表があります。




投機は、いまタイミング良いと思いました。

理由は、このカジノ公開の期待上げで価格が上昇し、
その後開発延長?のアナウンスによる下げがはいりました。

いまその下げがよこよこになっています。
そして、ゲームができるようになりました。最初にプレイできるのはブラックジャックで、

後々はブックメーカーもできるようになるみたいなので、個人的に楽しみです。
そう考えると、このゲームできるようになるといいなあが価格上げ=ユーザー増加にも少しつながりますね。

2月6日にゲームのイベント(東京ゲームショウ的なもの?)がロンドンで行われます。
そこにEDGも参加します。 リンクはそのイベントで参加する企業リストです。

という事も含めて短期的に利益を得る目的で入ってもおいしいタイミングではないかと思います。

。。。めちゃくちゃトイレ行きたいのでこれでおわります。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply