FC2ブログ

オーストラリアの大手穀物輸出企業が、ブロックチェーンでデジタル農業を改革

author photo

Bycure32

Australian Grain Exporter Teams with AgriDigital on Agriculture Blockchain
オーストラリアの大手穀物輸出企業が、ブロックチェーンでデジタル農業を改革

The CBH Group, a West Perth, Australia-based grain exporter, is partnering with AgriDigital, a Sydney, Australia-based start-up to explore blockchain technology’s application in the agricultural industry.

オーストラリア穀物輸出企業、West PerthのCBHグループはAgriDigitalのシドニーの   スタートアップ企業と手を組み、農業界でのブロックチェーン技術応用の探検をする。

Emma Weston, chief executive officer of AgriDigital, said distributed ledger technologies and blockchain have already demonstrated opportunities in agriculture.

AgriDigitalのCEO Emma Weston氏は分散台帳技術とブロックチェーンは既に農業での機会を実証したと言っている。

Blockchain’s Benefits ブロックチェーンの利点
Weston said the distributed ledger technology can improve trust and efficiency across the agricultural supply chain, such as cost savings in the back office, giving digital title to commodities, eliminating double data entry, offering a chain of custody and giving full traceability for commodities.

Weston氏は分散台帳技術は農業供給チェーンをまたぎ信用と効率の改善が可能で、 バックオフィスのコストや商品のデジタル化、重複データの消去、親権のチェーン提供そして商品の完全追跡を実現する。と述べた。

The companies will assess blockchain technology benefits in grain handling. A pilot will commence this month at Blue Lake Milling, an oats processor owned by CBH in Bordertown, South Australia. CBH has operations extending along the value chain from grain storage, handling, transport, marketing and processing.

穀物の取り扱いで企業はブロックチェーン技術を推し量るだろう。            今月Blue Lake Millingにて、あるパイロットが、南部オーストラリアのBordertownのCBH所有オーツプロセッサー運転を開始する。CBHグループは穀物貯蔵庫から、運転、輸送、 マーケティングそして加工をバリューチェーンに沿って事業を展開している。

 

The pilot, one of the first of its kind in the world, will use AgriDigital’s smart contract library and agriculture blockchains.
その運転士はこの世界のその分野で最初の人物としてAgriDigitalのスマートコントラクトライブラリと農業ブロックチェーンを使用することになる。

The pilot’s purpose is to prove blockchain’s application providing full supply chain traceability, and deploying the settlement of commodities on a blockchain by tagging title transfer to payment in a single transaction.

パイロットの目的は完全な供給チェーン追跡技術を提供するブロックチェーンアプリを証明し、単一の支払い取引の件名転送をタグ付けすることにより、商品決済をブロックチェーンに展開することである。

Weston said the two companies are proving blockchain technology as well as demonstrating that a major grain industry player and a startup can collaborate to solve challenges.

大手企業とスタートアップ企業が協力して課題を解決できることを実証するだけでなく両社がブロックチェーン技術の提供をしているとWeston氏は語る。

A New Direction for CBH CBHの新たな方向性
The pilot is one of the first CBH Group has undertaken to explore the possibilities of new technology across the business, said Andrew Crane, CBH Group CEO.

CBHグループ初のパイロットの内のこの一人は、
事業全体での新技術の可能性の模索をしている。とCEO Crane氏はいう。

Crane said the company has evolved, grown and innovated since it became established more than 80 years ago. The company now continues its story in exploring options to deploy new solutions to improve its supply chain and cut costs to benefit its growers.
Crane氏は語る、わが社は進化し成長そして革新し続けている。わが社が80年前に設立してからずっとだ。この会社は利益拡大のためのコスト削減と供給チェーンの改善のための新たな解決策を展開するための探検の真っ最中なのだ。

 




この量で1時間近くかかってしまった。

CBHという大手穀物企業AgriDigitalというスタートアップ企業

この2社が農業にブロックチェーン技術を落とし込み

供給チェーンに革命を起こそうとしています。

この技術が優れている場合、

全ての商品1つ1つの取引が透明化、迅速化、効率化して

コストは減り、利益は増えることになるのですね。ということは、消費者に手に届くときは以前より安くなる。ということは....

この取り組みによって
大手、新興が協力して業界の課題解決するのが当たり前となるかもしれません。

 

日本でこんなことが出来るのか?

農協という日本独自のシステムがあるので不要だ!となりそうですね。

国という種をみるか、企業という個をみるか
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply