FC2ブログ

ソニー、ブロックチェーン技術で教育革新

author photo

Bycure32

この記事の訳を読むsony no.PNG


Sony Taps Blockchain to Develop System for Data Sharing and Authentication In Education


ソニー、ブロックチェーン技術で教育に力を入れる

 

ソニーコーポレーションとソニーグローバルエデュケーションがブロックチェーン技術を教育に適用するシステムを作り上げた。このシステムは複数の機関からデータ管理を中央化し、 データとデジタル原稿の参照と記録を可能にする。

 

そのシステムを使えば、情報改ざんと記録のアクセスコントロールを困難にし、

認可された第三者機関にむけて情報の開示が確実にできるようになる。

 

SGEはこのシステムを使い複数の機関がデータにアクセスできる教育システムを作り上げる。このシステムはIBMクラウド上で提供され、Hyperledger Fabric 1.0を搭載したIBM  ブロックチェーンで組まれている。

 

Hyperledger Fabric 1.0とは、Linux財団主催のHyperledgerプロジェクトの1つで、教育データへの使用権をコントロールし認証する機能と、そのような権利を管理するための APIをまとめたもの。

 

新しいシステムは”教育システム”と”生徒情報システム”から集められたデータを”その状態のまま”リンクできるもので、たとえ違う提供者からであっても”そのまま”扱える。

 

他にも、成績と教育の記録を取り使い、デジタル記録にし、それを別の機関が利用できるようにしてくれる。これによって評価機関はAIを使ってデータと記録を閲覧し、カリキュラムや機関の改善すべき点を提供することが可能になった。

 

このシステムは教育という枠を超え、データマネージメントやIoT分野の機器コントロールといった幅広い応用の可能性を持っている。:流通と物流のバリューチェーンの契約管理、 コンテンツの流通管理、経済共有上における財産権と使用管理、そして暗号通貨での通貨と ポイントトラッキング。ソニーは様残な分野での製品やサービス創造にブロックチェーン技術を用いるため、現在研究中である。

 

教育に与えるAIのインパクト


 

学習と評価を多様化させて教育に変化を起こしてくれると、人工知能は期待されており、  教育データは日々の研究によって改善が積み重なり、よりクリティカルになってきている。

 

以前は、別々のプロバイダーのデータ相互利用は複雑であった。だが、未来に目を向けると、教育データのオープンかつ、安全な扱いはより柔軟なサービスになり様々なサービスにリンクしていくという、以前達成は難しいとされていたことができるようになるだろう。

 

2018年の展開にむけて、SGEは機関と連携しニーズに合ったサービスを調整していこうとしている。

 

SGEは現在 世界で論理思考をテストするコンテスト、グローバルマス数学チャレンジをやっている。このコンテストに250,000人以上の参加者が85か国からやってきている。    コンテストでは参加者はそれぞれの問題の答えの正確性と解答時間を競う。        このスコアは受験者の能力を査定するために非常に重要な方法となった。

 

SGEはこの新しいシステムを第五回グローバルマスチャレンジで使う事を計画している。 ブロックチェーンにテスト結果を記録し、偽造が困難かつ高い信頼性のデジタルドキュメントを作成する、というのだ。

 

SGEが信じる未来とは、ブロックチェーン技術は社会の未来に大きな影響を与え、新開発システムを通して様々な教育機関のシステムがリンクする事は教育に新しい風を吹かす世界だ。




Sony Corporation and Sony Global Education (SGE) have created a system to apply blockchain technology to education. The system centralizes managing data from multiple institutions, allowing them to reference and record data and digital manuscripts.

The system makes it difficult to falsify information and controls access to records, making it possible to disclose information to authorized third parties reliably.

Powered by Hyperledger


SGE will use the system to create education services in which multiple institutions have access to the data. The system is built on IBM Blockchain, which is provided through the IBM Cloud and powered by Hyperledger Fabric 1.0.

Hyperledger Fabric 1.0 is one of the Hyperledger projects hosted by the Linux Foundation, bringing together a function that controls and authenticates usage rights to education data as well as an API for managing such rights.


Institutions that operate ICT Systems currently manage by “student information system,” which is comprised of student attendance, grades, registration and attendance, as well as lesson planning management and learning systems comprised of students’ records and results.

Link Data ‘As Is’ from Separate Sources


The new system will allow operators to link previously gathered data “as is” from “learning systems” and “student information systems,” even if such data comes from different providers.

Users can also take data about grades and educational records, develop a digital transcript and make it available to a separate institution. This also makes it possible for evaluation organizations to review the data and records using artificial intelligence and provide suggested improvements to curriculums and institutions’ management.

The system offers the potential for wider applications beyond education, including data management and device control in the IoT field; contract management of value chains in distribution and logistics; distribution management in digital contents; property rights and usage management in the sharing economy; and currency and point tracking in cryptocurrencies.

Sony Group is also exploring ways to use blockchain technology in the creation of products and services in different fields.

How AI Impacts Education


Artificial intelligence is expected to change education by diversifying how learning and evaluation take place. Educational data is becoming more critical as the search continues for ways to improve education for both individuals and institutions. Previously, the mutual use of data among different providers was convoluted. Looking to the future, the open and safe handling of education data will deliver a more flexible service linking together different services in a way that previously proved hard to achieve. SGE seeks to partner with institutions and tailor the service to their needs while working towards a 2018 rollout.

SGE currently operates the Global Math Challenge, a global contest that tests logical thinking skills. The contest has fielded more than 250,000 participants from 85 countries. The contest evaluates performance including accuracy of answers and time spent on each question. This score has become a critical method for assessing test takers’ abilities.

SGE plans to use this new system at the 5th Global Math Challenge, to be held in 2017, by recording test results on a blockchain and developing a digital transcript that is highly reliable and difficult to forge.

SGE believes blockchain technology brings a big influence on the future of society, and that linking together the systems of various educational institutions via this newly developed system can create a new framework for education.


 









ソニーの教育部門がブロックチェーンを利用して

複雑な様々な教育機関のシステムをリンクするようになるかもしれません。

これがなにを意味するかというと、

今までは色んな先生が色んなやり方で教えていたことを、

・それぞれの先生同士で共有!

・さらに生徒の教育の過程がわかるようになり、生徒の理解度を理解することが出来る!

・そして生徒に対して正しい評価や教育を施すことができるようになる。

というもの。でしょう(予想)

教育×ブロックチェーンで可能になると予想されていることは、

成績と教育記録の共有→AIがカリキュラムや機関の改善点を見つけてくれる

↓↓

これらの記録(テストの結果や成績)が改ざんされる心配がなくなる




ゆとり世代=ゆとり教育



さとり世代=ゆとり教育の失敗?を教訓にした教育



ひとり世代=ひとりひとりにあった新しい教育←NEW!!

もし私が想像している教育がされていくなら

大変なことになると思います。いい意味で。

 

今回は記事の見せ方を変えてみました。これの方がよいですかね
スポンサーサイト



Share

Comments 0

Leave a reply